2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ブログ村

  • ブログ村

鉄道模型

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2018年2月16日 (金)

室内灯の交換

以前手に入れた車両の室内灯が、電球でした。
なんとかしたいと考えていたのですが、今回も、テープLEDに交換することにしました。

まずは、テープLEDにブリッジダイオードを半田付けし、給電用に銅板を半田付けします。


20180216_002438


そして、天井に、テープLEDを固定します。

20180216_002649

そして、座席を取り付けます。
給電用の銅板を端から引き出します。


20180216_002524

今回の車両は、古いタイプなのか、ボディは、ネジで固定されていますので、
これ幸いと、床下をはめ込んで、ネジで固定します。

そして、点灯を確認。


20180216_003741

とりあえず、2両は、室内灯の交換が完了しました。

しかし、残り4両には、電球がついた先頭車が2両あります。
こちらをどうするかを検討しなくては。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年2月12日 (月)

2月11日の買い物

久しぶりに、秋葉原へ行ってきました。

目的は、以前組み立てた、オシロスコープのキットのパーツ購入です。

こちらを購入。

20180211_214936

セラミックトリマコンデンサです。

なぜか、中央の部分が回せなくなっていて、交換のパーツを買いました。

その後、数件、模型店やPCショップ、怪しい中華なお店などを見て回りました。

20180211_151722

チヨダレールセンターは、こちらのビルに移転しています。

しかし、休日ということもあり、入り口にも、メイド喫茶の呼び込みがいたりして、
非常に入りづらくなっています。

で、他に買ったものは、
こちら。

20180211_215044

なぜか、秋月では取り扱っていないので、千石電商で購入。

さらに、少し足をのばして、中華なお店の一つにも行きました。
そちらでは、これを購入。

20180211_215058

鰐口とリード線。


20180211_215111

aruduinoのケースです。

その後、さらに、夕食の前に近くのららぽーとへ。

ここでは、先日、サンダーバードのプラモを買った店に。
そこで、こちらを発見。


20180211_214723

プラレールのダブルカメライエロードクターです。

もちろん、プラレールが目当てではなく、ダブルカメラが目当てです。
しかも、カメラ映像は、WIFIでiPhoneで見ることができるのです。

これは、以前から気になっていたのですが、
小売価格が高く、どうしても手に入れたいという気にはなりませんでした。

しかし、例の店で、半値以下で投げ売りされていたので、思わず買ってしまいした。

WIFIカメラ2台+ソフト込みで、標準価格の半値以下ですから、
この機会を逃したら、手に入らないだろうと思います。
(ソフトウェアは、ただでダウンロードできますが、
他の用途では使用できないので、このハード専用のソフトウェアとなっています。)

当然、プラレールは必要ないので、早速分解。

何しろ、SWを入れると、走り出すようになっているし、
どうやってもモーターを止めることができないので、
モーターに接続されている線をぶった切りました。

20180211_225514

この車両の中に、カメラの映像処理のICとWIFIモジュールが格納されています。
カメラの映像切換は、ソフトウェアで行います。

まずは、カメラの映像を確認したり、録画できることを確認しました。

しかし、気になるのは、カメラの映像が、どの程度の距離まで実用可能なのかということです。
最低でも、10mくらいの距離で受信できないとあまり実用的ではないと思います。

まずは、その点を確認してみたいと思います。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年2月 8日 (木)

E10-5 米原機関区 白線

E10-5 米原機関区 白線を入手しました。

この機関車は、2016年05月26日に予約しましたが、
2017年5月31日に商品取り寄せ不可ということで、予約がキャンセルされてしまいました。

これまで、何度も予約して模型を入手していましたが、
予約がキャンセルされたのは、今回が初めてです。

仕方ないので、別のところに改めて予約を入れ、2018年2月7日に入手しました。

で、入手後、早速確認しました。

ボディは、少し広げると、簡単に外すことができます。
20180207_234942

ヘッドライトは、前進、後進ともに点灯します。

そして、基板はダイキャストに挟まれているだけですので、
簡単に外すことができます。

しかし、ヘッドライトは、導光が悪いのか、あまり明るくありません。


20180207_235037

表面には、LEDとダイオード2個が付いています。
そして、裏側には、ダイオード2個と抵抗、コンデンサが付いています。

しかも、通電の為の金属片は、基板に固定されていませんので、
取り外した際には、紛失に注意が必要です。

20180208_211907

そして、こちら側には、LEDがありません。
なんとか、自作でLEDを取り付けたいものです。
給電は、ダイキャストから可能なことは確認済みです。


20180208_212351

3軸目は、フランジレスの予告通りです。

フライホイールもありませんが、PWMコントローラーでは、低速でも走行します。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年2月 6日 (火)

【検証】テープLEDは、室内灯に向いていないのか? 訂正

以前、記事にした、「【検証】テープLEDは、室内灯に向いていないのか?」に関して、訂正いたします。

lofthonsenさんの記事を見て、
PWM方式のコントローラーを使った場合には、計測された電圧が違っていることに気づきました。

模型照明の電気講座④車両室内灯 前編

前回、何故あのような結果になったかを調べる意味もあり、
実際には、何Vで点灯するのかを再度、計測してみました。

さらに、室内灯として使用するために、ブリッジダイオードを接続した場合に、
どれだけ影響するかも確認してみました。

1.PWMの出力をそのままテープLEDに接続した場合。

20180206_222639

2.818Vで点灯しだしました。

2.次は、同じテープLEDに、ブリッジダイオードを接続してみました。

20180206_223248

手元が写っていませんが、この先にブリッジダイオードを接続しています。

1.との差は、0.754Vでした。


3.KATOのpower pack スタンダードにそのままテープLEDを接続した場合。

20180206_225229

4.58Vで点灯しだしました。この数値は、前回とほぼ同様な結果です。


4.同じテープLEDに、ブリッジダイオードを接続してみました。

20180206_225151

5.21Vで点灯しだしました。

3.との差は、約0.63Vです。


今回判明した結果としては、

1.PWM方式のコントローラーを使うと、2.8V程度で点灯する。
  実際に室内灯として取り付けた場合には、車輪から給電するために諸々の抵抗もあり、2.8Vで点灯しない可能性もありますが、3V位では点灯し始めると思われます。

なお、モーター車で確認した限りでは、車両を載せただけで、2.5V以上の電圧降下が発生し、テスターで計測できた点灯開始電圧は、0.1V程度でした。

2.ブリッジダイオードを取り付けた場合には、0.6〜0.7V程度、点灯開始電圧が高くなる。

というわけで、
ダイオードブリッジ電圧ロスが、lofthonsenさんの想定とは違う測定結果となりました。

「何故そうなっているのか?」という疑問がありますが、
私には答えられるだけの知識がありません。

模型照明の電気講座④車両室内灯 前編


なお、私が使用しているブリッジダイオードは、こちらです。

20180206_194346

データシートを見る限りでは、0.6Vを超えた辺りから10mA流せるように読み取れます。

また、前回との相違の原因を確認したところ、PWMコントローラーの設定が違っていました。
自作のコントローラーでは、発振周波数を変更できるようにしているのですが、
低い周波数に設定すると、テスターでの計測値2V以下でもテープLEDが点灯することが確認できました。
そういった意味では、PWMの発振周波数を低くすれば、かなり低い電圧でも室内灯が点灯するということもわかりました。
その代わり、同様の理由でモーター車が走り出す電圧も低くなります。

なお、今回は、TOMIXのPWMに近い、耳に聞こえない位の発振周波数で確認を行いました。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


2018年2月 5日 (月)

EF66 スーパーライナーを加工する その5

TOMIXのEF66 スーパーライナーの加工を行っています。

解放テコを取り付けました。

20180205_003809

前回同様に、KATOのEF66解放テコを加工して、取り付けました。
解放テコの固定には、フィーダー線をほぐした、1本を使っています。


20180205_003827

そして、スカートとスノープロウをガンダムカラーで塗装しました。


20180205_004020

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年2月 4日 (日)

EF66 スーパーライナーを加工する その4

TOMIXのEF66 スーパーライナーの加工を行っています。

引き続き、スカートの加工を行います。

とりあえず、出っ張っていた部分を整えましたので、取り付けた感じを確認してみました。

20180203_004546


20180203_011534

やはり、穴を塞ぐ効果はあるようです。

さらに、スノープロウを固定する為に、細く切ったプラ板を取り付けました。
ちょうど、スノープロウにも、切り欠きがありましたので、そこにはまるサイズで、
プラ板を取り付けました。

20180203_012915

右側のプラ板がちょっと長いようですね。

この後は、スカートを塗って、ジャンパー線を取り付けます。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年2月 2日 (金)

EF66 スーパーライナーを加工する その3

TOMIXのEF66 スーパーライナーの加工を行っています。

今回は、スカートの加工を行います。

このスカートは、元々は、台車マウントタイプだったものをボディマウントタイプに変更したものです。

その為、スカートの下の部分が大きくひらいてます。
その箇所には、ブレーキホースを取り付ける予定でいますので、穴を塞ぎます。

どうやってやろうかと考えた結果、小さく切ったプラ板を取り付けることにしました。

意外にも、プラ板の切り出しや接着に時間が取られてしまいました。

20180202_005700

とりあえず、両側にプラ板を取り付けました。
ハミ出した部分や段差は、接着が完了した時点で調整する予定でいます。


*左側のリンクに、しばらく前から「アンテナ」を追加しています。

これで、リンク先のページの更新情報がわかります。
なお、ブログの場合、新しい記事以外でもトップページが更新されるので、
新しい記事が投稿されなくても更新されたことになるのが、ちょっと不便です。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年2月 1日 (木)

EF66 スーパーライナーを加工する その2

TOMIXのEF66 スーパーライナーの加工を行っています。

削除したモールドの箇所に、簡単にタッチアップして、ホイッスル、信号炎管を取り付けました。

20180201_013500

そして、手すりを取り付けます。

製品を参考に、ピンバイスで、0.4mmの穴を開けました。
そして、4mmで曲げたケンタカラーを穴に通して、固定しました。


20180201_013519


そして、余った部分は、とりあえず、そのままで、ボディ内側で接着しました。

20180201_013538

ちなみに、穴を開ける場所は、現物あわせですので、微妙にずれていたりします。

手すりの固定が出来たら、余分なワイヤーをカットします。

引き続き、スカート周りの加工を行います。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年1月31日 (水)

EF66 スーパーライナーを加工する その1

解放テコを取り付ける対象として、浮上してきたのが、スーパーライナーです。

この機関車は、以前、カプラーをボディマウントに変更しています。

しかし、よくみると、手すりはないし、解放テコもない、しかも、スカートが以前の台車マウント時のものを流用している為に、首振り用に隙間が空いています。

スカートに、ジャンパー線はないし、ホイッスル、信号炎管はモールド表現となっています。

という事で、これらの不満を解消すべく、加工に着手します。

まずは、モールド表現のホイッスル、信号炎管はカットしてしまいます。

20180130_225428_3


20180130_225446_3

ホイッスル、信号炎管は、他の機関車の予備のパーツがありますので、そちらを流用します。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


2018年1月29日 (月)

EF66 解放テコの交換

以前、EF66後期型 JR貨物更新車の解放テコの片方を紛失していることに気づきました。

その後、解放テコのパーツをどうやって調達しようかと考えていました。

TOMIXには、保守パーツとして、PP0801 手すり解放テコというのがあるようですが、
このパーツだけを取り寄せるのは面倒だと思い、銀河モデルのパーツを買ってきました。

20180128_215814_2

しかし、買ってきたはいいが、取り付けるには、塗装しなければならないし、パーツ箱を探したら、KATOのEF66用の解放テコが見つかりました。

という事で、あっさりと方針を変更して、これを取り付けることにしました。

しかし、手持ちのパーツは、スカートに固定する様になってるため、加工が必要でした。

まずは、スカート固定用の部分をカットしました。

さらに、元のパーツは、ボディ側の穴に差し込むようになっているのですが、その部分は、KATOのパーツにはありません。

そこで、以前加工を行った方法で、解放テコを固定することにしました。

その方法とは、リード線の1本を切り出して、解放テコに巻き付け、元々のボディの穴に通し、解放テコを固定する方法です。

20180129_002230

加工後はこんな感じになります。

で、両方とも交換してみました。


20180129_002235


20180129_002239


最後は、ボディを取り付けて、完成です。

20180129_003003_2


これで、以前から気になっていたことが、一つ解決しました。

が、さらに、解放テコを取り付ける素材を見つけてしまったので、また、懸案事項が増えてしまいました。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


«木曾森林鉄道 酒井10t 133号機 運転台加工