2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ブログ村

  • ブログ村

鉄道模型

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

鉄道(1/1)

2017年12月 9日 (土)

珍しいもの 3題

本日遭遇した、珍しいものです。
がっつり、地元の話題ですので、知らない人には「??」かも。

まず、一つ目は、こちら。

20171208_221248

東武東上線の志木駅での行き先表示板です。

時刻は、22:10過ぎです。

副都心線が開通して、東横線、みなとみらい線と直通運転をする様になり、この様な事態が起きています。

要は、みなとみらい線、東横線、副都心線からの直通電車「川越市」行きが遅延しているのです。
実際に、この表示の通り、22:21には、森林公園行がやってきました。

続いては、こちら。

20171208_221551

こちらは、何らおかしいところはありません。

実は、「上福岡」行というのがレアなのです。

列車番号 499 池袋 21:55発  上福岡 22:40着

時刻表を見ても、上福岡行きは、1日1本のみです。
実は、その後の運用は私は知りませんでした。
気になって調べてみたら、同じような疑問を持つ人がいた様です。
Yahoo!知恵袋に質問がありました。

さらに、時刻表を調べてみると、翌朝6:09発 池袋行の上福岡始発の列車がありました。
普通ならば、隣の駅の新河岸の時刻表には、6:06発の列車があるはずですが、
該当の時刻に新河岸を発車する列車はありません。

ついでなので、該当の列車を待って、撮影しました。

20171208_223322

行き先表示が、LEDでないところがまたいいですね。

そして、3つ目は初めて目撃した、新木場行きです。


20171208_221839

何が初めてかというと、この「新木場」行の車両が東急の車両だということです。


20171208_221921


もしかしたら、あまり珍しくないのかもしれませんが、私は初めてでした。

みなとみらい線、東急東横線、副都心線、東武東上線、西武有楽町線、西武池袋線が相互直通運転をするようになり、東武東上線でも、各社の車両を見かけるようにはなりましたが、
基本は、自社の路線を走って、その後他社へ乗り入れるだけと思っていました。
当然、その後は、折り返しで他社路線を経由して自社の路線に戻って行くものだと思っていました。
唯一例外なのは、西武車両で、小竹向原で有楽町線に乗り入れた後、新木場へ行き、折り返しで、和光市まではやってきます。
しかし、その後、東武東上線には乗り入れることはなく、折り返しで新木場へ行きます。


しかし、この「新木場」行は、違っているのです。
そもそも、東急東横線からは、直接新木場へは行けないのです。
おそらくこの車両は、東横線から副都心線を経由して、東武東上線にやってきたはずです。
東武東上線に乗りいれた後、通常は、折り返して東武東上線、副都心線、東急東横線で自社の路線に戻るのが普通だと思いますし、その様な運用は、当たり前に目撃しています。

しかし、この列車は、東武東上線、有楽町線を走って、新木場へ向かうのです。
ということは、その後、折り返しで和光市に戻ってきて、さらに、副都心線の運用に入るまでは、自社の路線である、東急東横線を一切走らないということになるのです。
これは、東急の車両が有楽町線の列車と同じ扱いになるということなのだと思います。
これは、非常に珍しいのではないかと思った次第ですが、真偽のほどはわかりません。
というのは、私は、これまで、有楽町線内で東急の車両が運用されているのを目撃した事がないからです。
おそらく、このような運用が出来る様に、直通運転開始時には改修がされていたのだとは思います。
もしかしたら、今朝の有楽町線の信号トラブルの影響で、一時的にこの様な運用になったのかもしれません、
が、あるいは、私が知らなかっただけで、以前から当たり前に運用されていることなのかもしれません。

ちなみに、wikipediaによると、東京メトロ有楽町線の項目に、
過去の乗り入れ車両として、5050系4000番台があり、
輸送障害時の際には現在でも有楽町線へ入線することがある。
と記載されていました。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年11月27日 (月)

富山へ

黒部ダムを見学した後、富山へ向かいます。

途中、雪が降ってきました。
白馬を通過する頃には、本格的に降り出してきました。

幸いにも、路面に積雪はありませんでしたので、
なんとか、雪のエリアをやり過ごすことはできました。

その後、小谷で昼食です。

20171124_135014

普通にざるそばで良かったのですが、オススメということで天ざるを注文。


20171124_140621

ここでは、雪は止んでいました。
が、峠は雪の様です。

しかし、その後は、雪は降ってこないで、雨でした。

途中、気になる駅名を発見して寄り道。
もしかして、頸城鉄道に関係あるのかなと思い、寄ってみました。
当然、事前調査もしていないので、全くのあてずっぽうです。

Img_2472


Img_2476

しかし、この駅は、頸城鉄道線とは関係はない様です。

その後、糸魚川から高速に乗ろうと思いましたが、運悪く、チェーン規制でしたので、
下の道を進みます。

なんとか、こちらの駅に到着。
20171124_160115


新幹線開業により、設置された駅です。
作りも近代的です。

丁度、列車がやってきました。

Img_2478

そして、この駅に来た、もう一つの理由は、こちらです。


Img_2482

オレンジ色の機関車です。

くろてつの会で紹介されていたトロッコ列車です。

現在も大切に保存されています。

撮影スポットもありました。

Img_2486


Img_2487

個人的には、こちらがいい感じです。


Img_2489

その後、雨が強くなってきたので、富山へ向かいます。

夕食後、富山駅前を散策。
と言っても、駅前の路面電車だけです。

現在は、行き止まりになっていて、南と北が分断されていますが、
将来は、こうなるとのことです。
2019年度末に完成予定だそうです。

Img_2499

で、現在は、行き止まりなので、絶好の撮影スポットです。

Img_2502


Img_2503


Img_2516

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年11月26日 (日)

トロリーバス

「立山黒部のトロリーバス廃止 関電が19年4月、電気バスに変更」
というのを知り、今の内に乗っておこうと行ってきました。

信濃大町に着いてみると、雪が降っていました。

Img_2416

さすがに積もっていませんが、結構降っています。

さらに、事前の調査によると、黒部ダムは、積雪がある様です。
そこで、駅前からは、バスで扇沢へ向かいます。

ちなみに、信濃大町の構内はこんな感じです。
Img_2411


Img_2412


Img_2413


扇沢に着きました。

20171124_074820

かなり雪が積もっています。
移動にバスを選択して正解でした。

トロリーバスを待つ間に、ちょっと見学。

Img_2422


Img_2423

破砕帯突破60周年記念の写真も展示されていました。

Img_2427


トロリーバスに乗り込みます。


Img_2428

乗客のほとんどは、山スキーやスノボーの客です。

観光客は数人のみです。

黒部ダムに到着。
雪が降っており、吹雪いています。

ダムの上を除雪中です。
Img_2433

とりあえず、ダムの上を歩きました。


Img_2436


20171124_093948


とても寒く、長居は無用と考え、とっとと帰ります。

Img_2438

10:05の扇沢行きで戻りましたが、
扇沢発のバスは、11:30までありません。

1時間以上、扇沢で時間潰ししましたが、さらに、バスが時刻通り到着しません。

途中で、ノーマルタイヤで登ってきた車が横向きになって
道を塞いで動きが取れなかったようです。

さらに、扇沢の手前の坂道でスタッドレスを履いていたバスも登れなくなり、チェーンを巻いていたようです。

到着後すぐに出発しましたが、すでに15分遅れ、さらに途中で、チェーンを外す作業もあり、
予定よりも30分近く遅れて駅に戻ってきました。

途中、こんな光景を目撃しました。

扇沢の駐車場に放置されている車。
アルペンコースは、11月30日で閉鎖されるので、どうするのでしょうか?
バス券売所の人も心配していました。
このまま放置しておくと、雪の重みで、屋根が潰れてしまうそうです。

Img_2463

さらに、スタックしている車両にも遭遇。
おそらくスリップして、道路から外れてしまったのだと思います。
これは、レッカー車でないと無理そうですね。

Img_2465

とりあえず、バスで、信濃大町へ戻ってきました。
信濃大町に着いてみると、雪は止んでいました。

やはり、扇沢と信濃大町では、かなりの標高差があるようです。

信濃大町 標高:712.5m
扇沢 標高:1433m
黒部ダム 標高:1470m


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年11月22日 (水)

j train

本日、IMONへ寄り道したら、j trainがありました。

最近は、本屋へ行くこともなくなって、月刊誌もほとんど見ることがなくなりました。

特に気になる記事があるわけではないのですが、j trainはなんとなく、毎号買っています。

20171122_221553

ちなみに、今回はカレンダーが付いています。
というか、その為、ちょっと高い様です。

ついでに、ジョイントも購入。

篠原のジョイントは、なぜか、サイズが合わないんですよね。
ですので、試しに、KATOのジョイントを買ってみました。

こちらは、ずいぶん安価です。

20171122_221608

試しにこれを使って見たいと思います。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年11月19日 (日)

赤沢森林鉄道

11月4日の話です。

赤沢森林鉄道に着きました。

まずは、見学。

森林鉄道の乗り場には、車両が展示されていますが、屋外にもあります。
こちらは、トロッコに木材を乗せただけの無蓋車でしょうか?

Img_2297

丸太を積んだトロッコもあります。
先頭には、酒井ワークスのDLが繋がっています。

Img_2300

いきなり、終点の丸山渡です。
今回は、森林鉄道には乗らずに、徒歩で移動しました。

ここでは、DLの機回しが行われます。

かつては、ブルーシートの先にもレールは続いていたようです。

Img_2323

ここの側線にも、車両が保存されています。
今回、新車を発見。
トイレ車です。

Img_2327

トロッコの上に、移動式のトイレが設置されています。

しばらくすると、列車がやってきました。
機回しが終わった状態です。

Img_2328

DLは、北陸ワークスの車両です。

シャッターチャンスを待っていたら、偶然目線が隠れた写真が撮れました。

Img_2332

放置されている車両の一部は、崩壊が進んでいます。
カプラーが、完全に落ちています。

Img_2339


他には、ブルーシートに覆われた、酒井ワークスのDLがありました。

Img_2350

丸山渡の停車場の手前は、引込み線に分岐しています。

Img_2359

丸山渡に向かうDLです。

運転手は、後ろを見ながら、進みます。

Img_2373


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

赤沢森林鉄道への道 (小川森林鉄道の跡)

11月4日の話です。

王滝村の公民館まつりを楽しんだ後、赤沢森林鉄道へ向かいました。

途中の道のりは、小川森林鉄道の跡を走ります。

焼笹土場を過ぎると

Img_2409

ちょうど、この看板のあたりに、軌道があったようです。

Img_2406

一の渡につきます。

Img_2404

こちらには、これがあります。

Img_2401


Img_2398

ここには、1スパンの鉄橋(デッキトラス)があったようです。

さらに進むと、
小中尾停車場に着きます。
ここにも、橋脚跡があります。

その先にも、橋脚跡があります。
ここが恐らく、牛ヶ淵のようです。

Img_2282


Img_2286


Img_2293

この先、しばらく進むと赤沢森林鉄道に着きます。

小川森林鉄道は、昭和40年に廃止されているようです。
その為なのか、この先、赤沢までの軌道の情報がありません。

参考にしている、森林鉄道廃線跡解体新書でも、小中尾停車場から先の情報は現在はまだ掲載されていません。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年11月 9日 (木)

公民館まつり

今回、王滝村に来たもう一つの目的は、公民館まつりです。

そのイベントして、りんてつ倶楽部による試乗会が行われました。
今回、初めて、動く森林鉄道を見ることができました。

今回の試乗会では、142号機が使用されました。

20171104_094158


Img_2258

レストア整備中の84号機
今回の試乗会では、使用されていませんでした。

20171104_094119


Img_2280

気づいた時には、木曽森林鉄道は廃止されていて乗ることはできませんでしたが、
レストアされた車両により、初めて試乗することができました。

保存活動をされている、りんてつ倶楽部の皆さんには感謝しています。
これからも応援したいと思います。

りんてつ倶楽部 
http://www.geocities.jp/rintetsu_club/


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年11月 5日 (日)

王滝森林鉄道 やまばと号

今回、王滝にやってきたもう一つの目的は、松原スポーツ公園でのイベントです。

しかし、9時前頃に着く様に考えていたのですが、
思ったよりも早く8時前には着いてしまいました。

さらに、松原スポーツ公園のゲートは閉じられていて、入ることができませんでした。
しかも、動物よけなのか、「通電している」様な事も書かれていたので、近くのも憚れて、もう少し時間潰しすることにしました。

Img_2137

松原スポーツ公園に行くには、この橋を渡る必要があります。

そして、丘を登りきったところに、松原スポーツ公園があります。
橋からもずいぶん登ったところにあり、不思議だと思っていたのですが、ここによると、何故この様な地形になっているかの理由がわかりました。

ちなみに、橋のところで、風景写真を撮っていると、川の水の色に気づきました。

Img_2139


Img_2141

このあたりの水の色は、深いところでは、緑かかった水色に見えるんですね。
ジオラマを作る際には、参考になりそうです。
上流の川の流れを作る時に、水色っぽくするのも強ち間違いではないと気づきました。

まだ時間があるので、王滝に来る前には、
午後に行こうとしていた場所へ行ってみることにしました。
ここからは、片道10Kmですので、普通に考えたら30分位で往復出来そうです。

ということで、もう少し奥まで行ってみることにしました。

途中、こんなものを発見。

いきなり、白い大きな鉄橋です。
なんともこの場所には似つかわしくありません。

Img_2144

なんの目的なのかはよくわかりませんでしたが、軌道ではなさそうです。
そして、それほど古いものでもなさそうですので、森林鉄道とは関係ないと思います。

さらに進むと、自然湖に到着しました。
ここは、長野県西部地震による土砂堆積で王滝川が堰き止められできた湖です。

と偉そうに言っていますが、この時は全く知りませんでした。

ちょうど、帰りに通った時には、カヌーを積んだ車が到着して、カヌー体験の準備を始めたようでした。

ここでは、カヌー体験が出来るようです。

Img_2156

そして、ここが、森林鉄道で結構有名な場所であることをあとから知りました。
何しろ、現役当時の面影がほとんどないですからね。

下黒沢橋梁

Img_2157

画面左側に写っているのが、下黒沢橋梁です。
右カーブしながら、この鉄橋を通過する運材列車の写真は、結構有名です。

しかし、その後に自然湖が出来た為に、橋脚の部分が、ほとんど水没しています。

そして、漸く滝越に到着しました。
ここには、やまばと号が保存されています。

やまばと号は、分校閉鎖に伴い、王滝村が購入し、通学する児童や生徒の為に運用していた通学用列車です。

当時は、村の中心部までは、列車でも片道50分かかっていたようです。

Img_2161


Img_2190


Img_2164

かつては、機関車には、王滝村の「王」プレートがあったようですが、現在は、なくなってるいのか、あるいは取り外したのか、ありませんでした。

片道10Kmと以外と近いはずなので、結局は、片道30分位かかってしまいました。
道路が整備されている現在でも30分位ですから、以前は、もっと時間はかかっていたのかもしれません。

なお、林道では、ライト点灯が基本です。

カーブが多く、すれ違いが出来る場所も少ないので、早めに対向車にこちらの存在を気づかせて、どちらかがすれ違い可能な広い場所で待っている必要があります。

慣れない道でのすれ違いは、危険ですし、どちらかがバックするにもハンドル操作を誤ると、谷底へ転落してしまいますからね。


今回の記事も、こちらのページを大いに参照させていただいています。

森林鉄道廃線跡解体新書
http://rintetsu.net/index.html

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

王滝森林鉄道 田島停車場

11月4日 王滝へ行ってきました。

今回の訪問の目的は、幾つかありましたが、
前回気になっていながら、事前調査ができていなかった箇所を確認する事も目的の一つです。

まずは、田島停車場跡に行きました。
現在は、製材工場のようですので、敷地外からの撮影です。

こちらは、修理工場です。

Img_2120

結構横長な施設です。

Img_2121

その隣は、合宿所です。

Img_2127

そして、その横は、機関庫です。
上屋根は蒸気の煙出しです。

Img_2131

線路自体は撤去されていましたが、
建物自体は、ずいぶん傷んでいますが、当時の施設がそのまま残されていました。
あえて保存しているのではないかと想像されます。


なお、このシリーズは、こちらのページを参考に調査しています。

そして、こちらのページを大いに参考にしています。
森林鉄道廃線跡解体新書 http://rintetsu.net
なお、現役当時の写真もこちらで見ることができます。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年10月12日 (木)

池上線フリー乗車デー

10月9日に、東急池上線で、フリー乗車デーが実施されました。

これまで、池上線をあまり利用したことがありませんので、今回利用してみました。

まずは、蒲田へ。
20171009_101332


20171009_100924

駅では、フリー乗車券が配布されています。


20171009_100841

さすがに、フリー乗車なので、混んでいます。


20171009_102845


途中、池上で下車し、池上本門寺へ。
この駅では、かなりの人が降りました。


20171009_105536


20171009_105616

ここへ来たのは、ある知り合いのお墓があり、墓参りをしたかったからです。

その後、昼食は、こちらを食べました。
20171009_122046

ちなみに、こちらは、薬膳ネパール料理です。

その後、昭和のくらし博物館へ。

20171009_140047

こちらは、昭和生まれには、あまり面白くないですね。
子供の頃の思い出通りで、あまりにも日常すぎるので、面白みがありません。

その後、再び、池上線で、移動します。


20171009_144904


20171009_145010


そして着いたのが、洗足池です。
20171009_150732

洗足池は、NSPの「夕凪の池」という歌に出てきます。
一度来てみたかったのです。

そして、途中で寄った、図書館には、この掲示がありました。

20171009_161234

そして、洗足池の駅近くで、これを発見。


20171009_161724

一緒に写っている、自転車の高さと比較しても、そのクリアランスの低さがわかります。
向こうからやってくる人も腰から下しか見えません。

ちなみに、目線で撮影した写真がこちらです。

20171009_161739


そして、終点の五反田に。

20171009_163736


途中、戸越銀座での下車も予定していましたが、すごい人出で、降りるのを断念しました。

ということで、電車はただで乗れると、すごく混むということがわかりました。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村