2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

鉄道模型

ブログ村

  • ブログ村
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月27日 (日)

Arduinoでmp3を再生してみる

Amazonで見つけたMP3プレーヤー。
どうやら、今回、自作のサウンドボードで使用している基板と同じようでした。

とりあえず、情報を集めて、まずは、購入してみました。

届いたものは、こちらです。

20170815_190235


実際に届いたものは、以前購入したこちらと同じ仕様のようです。

MK-156 超小型。ロボットなどに最適!アンプ内蔵でmicroSDカード付き!多機能MP3/WAVボイスプレーヤーモジュール
MK−156

まあ、それは直接関係ない話ですので。


まずは、こちらの記事を参考に、サウンド再生を試してみました。

500円以下のArduino用mp3プレーヤー”DFPlayer Mini”で適当なもの作ってみた

この記事にもあるように、専用のライブラリをダウンロードして、Arduino IDEにインストールする必要があります。

ちなみに、作成したテスト用のスケッチは、4つのファイルを順番に再生するものです。


実際の再生の様子は、動画にしてみました。
なお、音量は、かなり低めに設定しています。
2番目の動画は、最近のお気に入り曲です。
再生指定後のdealyを長くすることで1曲が再生できます。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年8月24日 (木)

JAMレポート 

8月18日〜20日に開催された、JAMの報告です。

20170818_082958


Img_1769

今回、私が製作した新作モジュールです。
Img_1778

カーブの内側に、SLの機関庫を設置しました。
それと、アッシュピット、給炭設備と最低限の設備を設置しました。

カーブの外側には、製材所と鉄工所を設置。
製材所には、丸太の原木や製品の木材を配置しました。

丸太を積んだトレーラーは、鉄コレのトレーラーを改造し、丸太が載せられるようにしました。


Img_1780


こちらは、旧作のモジュールです。

Img_1779

レイアウトモデリングの摂津鉄道をモチーフに製作しました。
田植え前の水張りをした頃を想定しています。


そして、今回、他の展示はあまり見ていないので、気になったもののみをご紹介します。

今回、私のテーマとしては、サウンドだったので、それにまつわる展示が気になりました。

Img_1795

こちらは、鉄橋のサウンドを再現したものです。


Img_1796

鉄橋の前後に、センサーを設置し、鉄橋を渡ると、サウンドが流れる仕組みになっています。


そして、TOMIXの新しいシステムです。

Img_1797

自動運転のパターンが追加出来るということで、どんな仕組みなのかなと気になっていたのですが、
その方式がわかりました。

こちらです。

Img_1798

メモリーカードのスロットがありますね。
でも、SDカードとは互換性は、無さそうですね。

Img_1806

Img_1809

今回、展示に関して、あまり質問されることはなかったのですが、
数人の方とは、あれこれお話しさせていただけました。

最終日の午後には、折角なので、持ってきた車両を体験ラインのトンネルの上に並べて置いておきました。
すると、質問を受けました。
Nゲージをやっていても、ウェザリングに手を出す方は、あまりいない様で、
どの様に加工するのかという質問でした。
この手の情報がないという話でした。

ブレーキホースは、TOMIXの分売パーツのPZ-001 ブレーキホースL/Rを使用しているとか、
それと、ウェザリングには、やはり、エアーブラシが必要ですねえとか、
塗料は、タミヤのアクリル塗料を、茶色系を中心に各色混ぜて自分で調合します、などと話をしました。


それと、隠密さんにご訪問頂いたので、こちらを紹介しました。

以前、浅草で見かけた試作品が、マイクロエースから製品化を検討しているようです。

基板は、室内灯と同サイズなので、そのまま載せるだけです。
が、そうなると、室内灯が載りません。

それと、充電式なので、充電が必要というようですが、
こちらも、ワイヤレス充電が試作されているようです。

20170819_114001

で、今回の個人的な目玉である、肝心の自作のサウンドシステムですが、画像がありません。
会場では、再生させることにばかり気を取られて、画像も動画もありませんでした。

いずれ、またの機会にご紹介したいと思います。

隠密さんがご紹介くださっていますので、そちらもご覧ください。

JAMの報告は以上です。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年8月23日 (水)

テスト用スケッチでサーボテスト

早速、サーボテスト用のスケッチを作りました。
一応、固定値は、最初に定義する方式で組んでいます。
経験上、美しいプログラムは、メンテもしやすいのです。

/*
目的:サーボの角度を90度から50度へ単純に変更を繰り返す
2017/08/22
*/
#include<Servo.h>
Servo servo1;
int pos; 
int start_pos = 90; //開始位置 
int end_pos = 50;   //終了位置   
int pin_no = 9;     //出力ピン指定
int dealy_cnt = 80; //スピード調整
void setup() {
  // put your setup code here, to run once:
    servo1.attach(pin_no);
    servo1.write(start_pos);
}

void loop() {
 // put your main code here, to run repeatedly:
 int angle_1 = servo1.read();
 delay(1000);  //dummy
 
 if(angle_1==start_pos)
   for(pos = start_pos; pos>=end_pos; pos-=1)
   {
   servo1.write(pos);
   delay(dealy_cnt);
   }
 delay(1000);   //dummy
 
 if(angle_1==end_pos)
   for(pos = end_pos; pos<=start_pos; pos+=1)
   {
   servo1.write(pos);
   delay(dealy_cnt);
   }

 delay(1000);   //dummy
}


サーボを接続して、動くことは確認できました。

しかし、何点か、戸惑う部分も。

まずは、サーボへの電源供給。400円のサーボは、Arduino本体から電源供給しても動いたのですが、
500円のサーボは、音はするけど動かない。

結局、5VをACアダプタから供給したところ、動きました。
Arduino本体の5Vでは、容量不足なのかもしれません。

それと、サーボにACアダプタを接続したら、いきなりサーボがブルブルと暴れました。
これは、アースをArduino本体に接続したら、解決しました。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年8月22日 (火)

スローアクションの可能性(予告編)

こちらの記事に刺激を受けて、実験を始めようと準備しています。

まずは、サーボを調達しました。

秋月電子で2種類買ってきました。
400円と500円の2種類です。
一応、トルクの違うものということで、
400円は、トルク:1.8kgf・cm、
500円は、トルク:2.5kgf・cm。

この違いがどんなものかはよくわかりません。

20170821_222945


20170821_222951

しかし、線の色が説明書と違うんだよね。
説明書では、PWM=オレンジ、Vcc=赤、Ground=茶色となっていますが、
実際は、PWM=黄色、Vcc=オレンジ、Ground=茶色となっています。

それと、ポイントもないと実験できないので。

20170821_223554

1個でもよかったのですが、なんとなく2個欲しかったので。

これを使って、実験開始です。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年8月20日 (日)

第18回国際鉄道模型コンベンション(JAM)

今回も、参加しています。

Img_1769


例年通り、各自が持ち寄った、モジュールを並べて、車両を走らせて遊んでいます。
今回も、16番とNゲージのラインがあります。

それと、体験運転用のラインもあります。

各種、自作コントローラーをご用意しておりますので、ご希望があれば、お知らせください。
電車でGO!のコントローラーを改造した、加減速式のコントローラーは、お子様には人気のようです。

おそらく、メンバーも嵌る様に、大人でも楽しめるコントローラーになっています。

コントローラーの自作に興味のある方は、ぜひお声がけください。

なお、明日は最終日なので、他の展示を見ている可能性もありますが、会場内のどこかにいます。
今回は、メーカーの製品発表も見ていない状況で、どんな展示がされているかもわかっていません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年8月16日 (水)

カーブモジュールの製作 その7

いよいよ明日です。

朝から、モジュールの仕上げをやりました。

草を撒きました。
20170816_064826

体験運転用のモジュールは、結局、ほとんど進みませんでした。

20170816_064804

今回、初めて、トンネルを作りました。

その後、購入してそのまま放置していた車両を弄りました。

まずは、C11。
カプラーを交換し、ナンバーを取り付けました。

20170816_181643


そして、D51の長野式です。
カプラー交換、スノープロー取り付け、ナンバー取り付けを行いました。

20170816_181614


さらに、タンクコンテナです。

20170816_181514

こちらもカプラー交換、はしご、手すりの取り付けを行いました。

とりあえず、明日は、搬入日なので、持っていくものを準備しています。
朝から荷物の積み込みをし、ビックサイトに向かいます。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年8月15日 (火)

MP3プレーヤー モジュールボード入手

アマゾンで見つけた、中華なモジュールボードを入手いたしました。

注文した時には、8月20日到着予定でしたが、意外に早く到着しました。

20170815_190235

ネットで検索した限りでは、Arduinoで使える様なので、購入してみました。
これを使えば、mp3を再生できるはずです。

ついでに、Arduinoと互換のボードも購入してみました。

20170815_190226

こちらも、試してみないとわかりませんが、問題なければ、普通に使えるはずです。

JAMが終わったら、少し時間をとって、試してみたいと思います。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年8月13日 (日)

カーブモジュールの製作 その6

しばらく停滞している、モジュール作成ですが、もう今週になってしまいました。

少しでも、進めようと、作業しました。

まずこんなものを作りました。
20170813_122402


20170813_122414

プラ板で作り、塗装しました。

その後、こんな形にしました。


20170813_124715


20170813_124721


そして、こんなものを作りました。

20170813_191226


20170813_191232

マスキングして、黄色を塗ったのですが、失敗してしまいました。

この後、修復しました。
多少はリカバリできたようですが・・・。


残り数日ですが、頑張ります。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年8月 7日 (月)

Arduino UNOでLCD(AE-AQM1602A)を使う

秋月のLCD(AE-AQM1602A)を使った、表示実験を行いました。


参考にしたのは、こちらの記事です。

Arduino LEONARDOでLCD(AE-AQM1602A)を使う

この記事でも紹介されていますが、
事前に、LCDのライブラリをダウンロードし、インストールしておきます。

LCD用のライブラリを提供している方がいますので、そちらを利用させていただきます。

ストロベリー・リナックス/秋月電子のI2C液晶/OLEDほかをArduinoで使う

このライブラリを利用することにより、コードが簡単になります。
ライブラリの中には、サンプルも収録されていますので、使い方を理解するのにも役立ちます。
半角カナも使えますので、今回使用してみました。


ちなみに、LCDとの接続は、4箇所のみです。

20170807_015059


テスト用のスケッチは、こんな感じです。

*表示しているテキストは、HP表示用に特殊文字の処理をしていますので
 使用する際はご注意ください。


#include <I2CLiquidCrystal.h>
#include <Wire.h>

I2CLiquidCrystal lcd(20, (bool)true);

void setup() {
lcd.begin(16, 2);
lcd.kana("ジュンビカンリョウ");
}

void loop() {
delay(3000);
lcd.clear();
delay(500);
lcd.setCursor(0, 0);
lcd.kana("キリカエカンリョウ ") ;
lcd.setCursor(0, 1);
lcd.kana("4バンセン");

delay(3000);
lcd.clear();
delay(500);
lcd.setCursor(0, 0);
lcd.kana("キリカエカンリョウ ") ;
lcd.setCursor(0, 1);
lcd.kana("1バンセン");
}

テスト用のスケッチでは、
セットアップで、「ジュンビカンリョウ」を表示します。

その後、
「キリカエカンリョウ」 「4バンセン」と
「キリカエカンリョウ」 「1バンセン」 を交互に表示するだけです。

4番線に切り替えたのちに、1番線に切り替えたという想定です。


20170807_215829


20170807_215810


20170807_215807


このソースを参考に、実際には、サーボ切り替え後の位置に挿入してあげれば、
ポイントの切り替えと同時にLCDの表示が変わります。

なお、表示の部分は、よく見ると、4番線と1番線の違いだけです。
この部分をサブルーチン化すれば、ソースはもっと簡潔になりますね。

ということで、LCD(AE-AQM1602A)を使った表示実験でした。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年8月 6日 (日)

エポック社 サンダーバード2号

先日、こちらの記事を見ていて、昔遊んだことがあるゲームを思い出した。

それは、回転する飛行機?(ヘリコプター)を操縦して、離着陸させるゲームだった。

で、調べてみると、、「スーパーヘリコプター」というおもちゃがあったことが分かった。
なんだか、これなのかなあ?と思いつつも、なんだか違う気がしていた。

少し経って、なんとなくその違和感の原因がわかった。
それは、私が遊んでいたおもちゃでは飛行するのは、ヘリコプターではなく、サンダーバード2号だったからだ。

そこで、改めて「エポック社 サンダーバード」で検索すると、ありました。

まさに、これです。

動画も紹介されていた。
懐かしすぎる。


Img_4

画像は、ブログより転載しています。

これで、随分遊んだものです。
当時は、サンダーバードは、最近のようなCGではなく、マリオネットで動いていた。
結構人気があり、夏休みなどには再放送されていたと思う。

その当時は、プラモデルも何個も組み立てました。
その証拠に、数年前に購入して、未だに、組み立てていないTB2があったりします。

ちなみに、該当のおもちゃは、ヤフオクで手に入るようですが、相当な高値です。
とてもじゃないけど、その金額を出してまで欲しいものではないですね。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


2017年8月 5日 (土)

Arduinoでディスプレイ表示を試してみる

最近、訪問しているブログでは、Arduinoによるスローアクションポイント切り替えが話題です。
動画を見ていても、これはいいなあと思います。

というわけで、俄かに、Arduinoづいてしまい、ちょっと弄ってみました。

目指すところは、
1.ポイント切り替えのディスプレイ表示
2.ポイント転換機のサウンド再生
です。

1.ポイント切り替えのディスプレイ表示
現在、Arduinoによる、ポイントの一括切り替えが実用化されつつありますが、
その時、「何番線に切り替えられたかがわかれば嬉しいよね」といった単純発想から
「それもArduinoで出来るんじゃない?」と勝手に妄想してしまいました。

2.ポイント転換機のサウンド再生
Arduinoによる、ポイントのスローアクション切り替えが実現した際に、
やはり、音が重要な要素ではないかと思います。
スローアクションでポイントが無音で切り替えられるのはなんとも寂しい。
で、要は、「切り替え時にサウンドを再生すれば、何となく楽しいのではないか?」との単純な発想です。

先日、長野の篠ノ井線信号所でのポイント切り替えを間近で見て、
「おお、やはりポイントの切り替え一つでも迫力あるんだなあ」と感じたのがキッカケです。

サウンドの再生についても、実際にArduinoによる再生実験をされている方がいましたので、
それを利用すれば、可能ではないかという目処があります。

というわけで、まずは、手元に必要なパーツのある、1.の実験をしました。

使用したのは、
・Arduino Uno、
・I2C接続小型LCDモジュール(8x2行)ピッチ変換モジュール
・Windows PC
・USBケーブル
・ブレッドボード・ジャンパーコード(オスーオス)
です。

なぜこのLCDモジュールを使ったかというと、深い理由はなく、
以前購入した、RaspberryPiの実験キットに入っていて、使っていなかったからです。

LCDモジュールは、ブレッドボードに刺して、Arduinoと接続します。
接続はケーブル4本だけでOKです。

20170805_161213

それから、USBケーブルで、PCとArduinoを接続しておきます。
このタイミングで接続するのが正しいかはよくわかりませんが、いずれは接続しないと使えません。
ちなみに、Arduinoの電源は、USBまたは、ACアダプタから給電します。

そして、arduinoのサイトから、Arduino IDEをダウンロードします。

https://www.arduino.cc/en/Main/Software

そのままボタンを押すとダウンロードする際に、「Contributeしろよ」と言われますので、
まずは、お試しなので、右側の「JUST DOWNLOAD」をクリックして、ダウンロードのみ行います。

ダウンロードした開発環境(IDE)を起動します。

使い始めるには、ちょっとしたセットアップが必要ですが、それは、他のサイトを参照してください。
要は、使うArduinoのタイプの設定とUSBのポート設定です。
特に、USBのポート設定が間違っていると、ソフトの書き込みが出来ませんので注意が必要です。

何故って、それが原因で書き込みに失敗したからです。(経験者は語る)

そして、IDEを使ってスケッチを書き込みます。
が、初めからは誰も何も書けませんよね。

まずは、サンプルをコンパイルして実行するというのをやりましょう。

私は、一応使い方は知っているはずなので、実験用のスケッチを実行しました。
実験用のスケッチも、自分でコーディングしたものではなく、ネット上に公開されているものを
ダウンロードして、実行してみただけです。

その結果が、こちら。

20170805_161321


20170805_161419

本当は、「hello world!」と表示していますが、横が短いので表示されていません。

それで、文字がスクロールするスケッチも試しました。

20170805_161424


20170805_163435

とりあえず、こんな感じで、LCDの実験は成功です。

なお、秋月で購入できるLCDモジュールには、16x2行もあり、こちらだと、2倍の表示が可能です。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2017年8月 3日 (木)

こども客車 その2

本日は、組み立てました。

約2時間でボディ組み立ては完成。

でも、また、やっちゃいました。

20170802_220016

パーツを切り出したところ、2箇所にバリらしきものがありました。
で、ヤスリで削りました。

それが失敗でした。

そして、残りの2両は、本来の仕様通りにカットしました。

20170802_222028

20170802_222037

20170802_222045

よく見てください。

側面パーツの上方と下方に出っ張りが付いています。
これ実は、重要だったのです。
パーツの固定用の爪だったのです。

先に組み立てた2両は、この部分を不要だと思って、削ってしまいました。

メーカーさん、ごめんなさい。
細かい配慮に気づかずに。

それでも、組み立てはなんとか問題なくできそうです。

20170802_222555

左がパーツ合わせ用の爪をカットしてしまったもの、
右が本来の仕様通りに組んだもの。

見た目はほとんど分かりません。
それに、屋根は、ベンチレーターで固定するし、
床板とはネジで固定するので、多分、大丈夫でしょう。

きっと大丈夫なはず・・・。

というわけで、4両のボディは組み立てました。

20170802_225008

屋根は、取り外して塗装する為、まだ固定していません。

今後は、塗装して、床板を取り付ければ、完成のはず。

それより、放置しているモジュールは何とかしないと。
こちらも多分未完成のままイベントになりそうな予感が・・・。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »