2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

鉄道模型

ブログ村

  • ブログ村
無料ブログはココログ

« 第18回国際鉄道模型コンベンション(JAM) | トップページ | テスト用スケッチでサーボテスト »

2017年8月22日 (火)

スローアクションの可能性(予告編)

こちらの記事に刺激を受けて、実験を始めようと準備しています。

まずは、サーボを調達しました。

秋月電子で2種類買ってきました。
400円と500円の2種類です。
一応、トルクの違うものということで、
400円は、トルク:1.8kgf・cm、
500円は、トルク:2.5kgf・cm。

この違いがどんなものかはよくわかりません。

20170821_222945


20170821_222951

しかし、線の色が説明書と違うんだよね。
説明書では、PWM=オレンジ、Vcc=赤、Ground=茶色となっていますが、
実際は、PWM=黄色、Vcc=オレンジ、Ground=茶色となっています。

それと、ポイントもないと実験できないので。

20170821_223554

1個でもよかったのですが、なんとなく2個欲しかったので。

これを使って、実験開始です。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

« 第18回国際鉄道模型コンベンション(JAM) | トップページ | テスト用スケッチでサーボテスト »

電子工作(Arduino)」カテゴリの記事

コメント

oomoriさん、こんばんは。

スローアクションに魅せられてしまいましたか。(笑)
しかもHOですね。
Nと違ってHOはふり幅が大きいのでより実感的になると思いますよ。

こんばんは。
サーボスローアクションやりますか、きっとやると思っていました。

JAMに毎年出展されていたんですね。
私は出不精で今回JAMが鉄道関連イベント初参加でした。。
事前に解っていたらお目にかかってお話したかったので残念です。

ではまた。

親爺ぃさん、結構前から興味はあったのですが、実現方法がわからなかったので、
今回は、何とかしたいなあと思います。

16番は、ちょっと大きいですが、篠原のポイントは動きが軽そうです。

lofthonsenさん、期待されているのにやらない手はないですよね。(^^♪

実は、また面白いものを見つけたので、それも連動したいなあと目論んでいます。
そちらも、もう少ししたら実験します。


JAMには、毎年参加しています。
われわれの倶楽部は出展するというよりは、自分達が遊ぶ為に参加しているといった方が正しいかも知れません。
鉄道模型の裾野を広げようという目的で、スタイロフォームを使った軽量なモジュール製作をメインとしています。昨年からは、16番のラインも追加して、4ラインのモジュールとなっています。

また、運転体験専用ラインも設置して、自作コントローラーでの体験運転も行っています。

毎年新しい事には挑戦しているのですが、今回は、16番でのサウンド再生を行いました。
貨車にbluetoothスピーカーを載せて、サウンドを再生させるだけですが、
DCCではない方式としては、面白いと思っています。

ぱっと見た感じでは、機関車から音がなっているように錯覚するので面白いです。

そういえば、マイクロエースのブースでは、室内灯サイズのサウンド再生装置のデモを行っていましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2365113/71495745

この記事へのトラックバック一覧です: スローアクションの可能性(予告編):

« 第18回国際鉄道模型コンベンション(JAM) | トップページ | テスト用スケッチでサーボテスト »