2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

鉄道模型

ブログ村

  • ブログ村
無料ブログはココログ

« 機関車の加工について その1 ブレーキホース加工例2 | トップページ | 機関車の加工について その3 解放テコ »

2017年9月10日 (日)

機関車の加工について その2 必要なパーツ

機関車の加工についてのシリーズです。
今回は、ブレーキホース以外の加工に必要なパーツをご紹介します。

2017090420222605


2017090420222554


2017090420222804

2020170904202220272053

2017090420222813

これらは、すべて、TOMIXの分売パーツです。

手すりと、解放テコがセットになっています。

特にどれがお勧めというのはありませんが、数種類手元にあると便利です。
最近の製品は、初めから、手すりや解放テコがパーツとして一緒に封入されているケースが多いですが、
古い製品を入手した際には、これらのパーツが役立ちます。


2017090420223532


こちらは、KATOのカプラーセットです。
使用頻度は、少ないですが、スカートが台車マウントタイプの製品をボディマウントタイプに変更する際に使用します。
こちらも使用頻度としては、低いですね。

2020170904202220352058

こちらは、KATOのジャンパ栓です。

今のところ、使用していませんが、今後、ジャンパー線を取り付ける際に利用できないかと、数種類購入しています。


2020170904202220362014

こちらも、KATOのジャンパ栓です。

どちらもジャンパ栓と言いながら、全く違う形状のパーツです。
こちらは、その名の通り、EF64の加工に使います。
最近は、開いた状態を再現するために、薄くスライスして、やや斜めに取り付ける加工を行っています。


2017090420223640

こちらは、EH500の手すりです。
所有している、TOMIXのEH500は、いずれも古い製品で手すりが付いていません。
手すりを取り付けようとこのパーツを購入しましたが、まだ着手できていません。
ボディ側の加工がうまくいく自信がないもので、まだ躊躇しています。


2020170904202220382029


こちらは、TOMIXの機関車用のクーラーです。
以前、EF66を入手した際に余分に購入していたものです。
どうやら、このパーツは現在入手困難になっているようです。

そして、一番重要なのは、こちら。

2017090420224242


2017090420224412


機関車購入時の余剰パーツです。
これらは、全て捨てずに保管しておきます。
パーツ紛失時の予備の意味もありますが、それよりも、車両加工の際に利用できるものが多数あるからです。
ジャンパ栓、解放テコ、手すりなど、いずれもどの機関車でも流用が可能です。

これらのパーツをうまく活用すれば、分売パーツやASSYパーツがなくても、ある程度の加工が可能です。

ということで、今回は、加工に必要なパーツの紹介でした。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


« 機関車の加工について その1 ブレーキホース加工例2 | トップページ | 機関車の加工について その3 解放テコ »

鉄道模型(車両)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2365113/71666963

この記事へのトラックバック一覧です: 機関車の加工について その2 必要なパーツ:

« 機関車の加工について その1 ブレーキホース加工例2 | トップページ | 機関車の加工について その3 解放テコ »