2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ブログ村

  • ブログ村

鉄道模型

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

EF66 スーパーライナーを加工する その1

解放テコを取り付ける対象として、浮上してきたのが、スーパーライナーです。

この機関車は、以前、カプラーをボディマウントに変更しています。

しかし、よくみると、手すりはないし、解放テコもない、しかも、スカートが以前の台車マウント時のものを流用している為に、首振り用に隙間が空いています。

スカートに、ジャンパー線はないし、ホイッスル、信号炎管はモールド表現となっています。

という事で、これらの不満を解消すべく、加工に着手します。

まずは、モールド表現のホイッスル、信号炎管はカットしてしまいます。

20180130_225428_3


20180130_225446_3

ホイッスル、信号炎管は、他の機関車の予備のパーツがありますので、そちらを流用します。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


2018年1月29日 (月)

EF66 解放テコの交換

以前、EF66後期型 JR貨物更新車の解放テコの片方を紛失していることに気づきました。

その後、解放テコのパーツをどうやって調達しようかと考えていました。

TOMIXには、保守パーツとして、PP0801 手すり解放テコというのがあるようですが、
このパーツだけを取り寄せるのは面倒だと思い、銀河モデルのパーツを買ってきました。

20180128_215814_2

しかし、買ってきたはいいが、取り付けるには、塗装しなければならないし、パーツ箱を探したら、KATOのEF66用の解放テコが見つかりました。

という事で、あっさりと方針を変更して、これを取り付けることにしました。

しかし、手持ちのパーツは、スカートに固定する様になってるため、加工が必要でした。

まずは、スカート固定用の部分をカットしました。

さらに、元のパーツは、ボディ側の穴に差し込むようになっているのですが、その部分は、KATOのパーツにはありません。

そこで、以前加工を行った方法で、解放テコを固定することにしました。

その方法とは、リード線の1本を切り出して、解放テコに巻き付け、元々のボディの穴に通し、解放テコを固定する方法です。

20180129_002230

加工後はこんな感じになります。

で、両方とも交換してみました。


20180129_002235


20180129_002239


最後は、ボディを取り付けて、完成です。

20180129_003003_2


これで、以前から気になっていたことが、一つ解決しました。

が、さらに、解放テコを取り付ける素材を見つけてしまったので、また、懸案事項が増えてしまいました。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


2018年1月26日 (金)

木曾森林鉄道 酒井10t 133号機 運転台加工

木曾森林鉄道 酒井10t 133号機の運転台の加工を行っています。

今回は、半田付けした、前面と妻面のヤスリがけを行いました。
前回の反省点として、半田付けした部分を適当にやすりがけしていた為に、角が残っていました。

今回は、ヤスリ+紙やすりで、角が消えるくらい、滑らかになるように加工しました。

20180125_232636

さらに確認してみると、前面の付け合わせ部分に隙間があることがわかりました。

20180125_232719

手すりの取り付け穴の上の部分に隙間があります。

前回は、これくらいならいいだろうと、見過ごしていましたが、
今回はここもこだわって加工します。


20180125_233232

付け合わせ加工した部分にパテを塗りました。

その後、紙やすりをかけて、平面になるように加工します。


20180125_235230

その結果、気になっていた箇所の穴は埋まりました。


さらに、こちらも穴が塞がれました。

20180125_235254


20180125_235319

これで、運転台の加工はほぼ完了の予定です。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年1月24日 (水)

【検証】テープLEDは、室内灯に向いていないのか?

本日は、予定を変更し、投げかけられた疑問に対する検証を行いました。
「おいおい、もともとこのブログに予定なんてある訳ないよ」というツッコミはなしで。(笑)

それは、「テープLEDって、室内灯に向いていないのでは?」という疑問です。

その為、今回、急遽、実際の点灯状況を確認してみました。
検証に使用したのは、KATOのpower pack スタンダード と 自作のPWMコントローラーです。
なお、私は、TOMIXのPWMコントローラーは持っていないのですが、
同じPWM方式であるので、自作のPWMコントローラーと同様な動きではないかと想像しています。

今回使用するテープLEDは、室内灯にすることを前提とし、
事前にカットしてある、5ユニット分のテープLEDです。

テープLEDは、1ユニット3個のチップLEDと1個の抵抗で構成されています。
そして、この3個のチップLEDと1個の抵抗は直列に接続されています。
今回使用するテープLEDは、入力電圧は、定格12Vです。

1.KATO power pack スタンダード

KATOのpower pack スタンダードは、トランジスタによる電圧制御式のコントローラーです。
DCで0Vから12Vまで出力電圧を制御できます。
が、実際は、14Vくらいまでは出力があります。

私の所有するものは、型が古く、約30年前に購入したものです。
AC100Vを入力とし、定格DC12Vが出力されます。

20180124_220258

まず、どのくらいの電圧で点灯するかを確認します。

実は、現在は、PWMコントローラーをメインに使用しているので、
これまで、このタイプのコントローラーでの確認はしたことがありませんでした。

4.6Vを超えたあたりで、点灯しているのがわかるようになります。

20180124_220404

約5Vでは、はっきりと点灯が確認できます。

20180124_220412

さらに、12Vを超えても点灯しています。

20180124_220429


2.自作のPWMコントローラー

自作のPWMコントローラーは、DC12Vを入力とし、パルス制御により、出力電圧をコントロールしています。
テスターで検出される電圧は、連続した電圧として表示される数値ですが、
パルス制御方式では、半導体を使った電力を制御する方式の1つで、 オンとオフの繰り返しスイッチングを行い、出力される電力を制御します。
一定電圧の入力(今回の場合、12V)から、パルス列のオンとオフの一定周期を作り、オンの時間幅を変化させる電力制御方式です。

こちらが、今回使用したコントローラーです。


20180124_220731

まず、点灯しはじめたのは、電圧計では、1.88Vです。

20180124_221147


そして、4.40Vでは、ほぼフルに点灯しています。

20180124_221158_2

そして、12V超えても、ほぼ同じくらいの明るさです。

20180124_221207

というわけで、
今回の検証結果です。

・トランジスター方式のコントローラーでは、ほぼ走り出すまでは、室内灯が点灯しない。
 
・PWM方式のコントローラーでは、停車中でも室内灯がほぼ点灯する。
 また、通常のスピードで運転していても、ほぼMAXに近い明るさとなる。

 ただし、最近のモーターは、性能が良いので2V以下でも走り出すことがあります。
 その為、ものによっては、走り出すまで室内灯が点灯しない可能性がああります。
 
 なお、テープLEDが明るすぎると感じる場合には、別途抵抗を追加して、明るさを調整することも可能ですが、抵抗の追加により点灯開始の電圧が高くなるので、その点も考量して抵抗を追加する必要があります。
まあ、わずかな差ではあるので、気にしない方はあまり神経質になる必要はないかとは思います。

私は、「室内灯が点灯しています。」とはっきりわかるのが好きなので、抵抗は取り付けません。

なお、テープLEDの価格は、各自で確認いただくのが良いとは思いますが、
Amazonでは、5m300個で、数百円というのもあります。

5mで約20両分の室内灯が作れますので、1両あたりのLED自体の価格は、50円程度となります。
あと、これに、ブリッジダイオードを取り付けて、車両から給電する仕組みを組み込めば室内灯が完成します。
ですので、原価としても、1両あたり100円程度になるのではないかと思います。

なぜ、ブリッジダイオードが必要かというと、
車両は進行方向が変わると、極性が逆転します。
しかし、LEDには、常に同じ極性での電源供給が必要とされますので、
その為には、ダイオードブリッジ、または、ブリッジダイオードが必要になります。

あとは、メーカーのポン付けの室内灯を選ぶか、
自分で苦労して室内灯を自作するかは
各自の模型の楽しみ方の違いではないかと思います。
どちらが良い、悪いということはありません。

ということで、今回の検証は終わりです。

なお、当方、電気の専門家ではないので、表現上、おかしな箇所があるかもしれません。
ご指摘等あれば、ご遠慮なく書き込みください。
よろしくお願い致します。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年1月23日 (火)

ハンダの準備

酒井10t 133号機の製作を進めるにあたり、準備作業を行いました。

というか、久しぶりに、大雪となったために、工作時間が取れずに、
少しの時間でできることとして、ハンダの準備をしました。

20180123_000512

右の様な線になっている、ハンダをカッターで細かく切ります。

20180123_000503

この小さくカットとしたハンダをフラックスを塗った、箇所に乗せて、コテをあてると、
うまい具合に、ハンダが溶けて、流れてくれます。

しかも、このサイズですので、ハンダを盛りすぎる心配もありません。

半田付けが得意な諸先輩方から見ると、邪道なやり方かもしれませんが、
このやり方を採用することにより、半田付けがずいぶん楽になりました。

しかし、カットするハンダをどの位の大きさにするかも、試行錯誤をしています。

前回、用意したサイズは、小さすぎて、半田付けをしても少なすぎました。
その為、今回は、厚さ1mm位になるようにカットしてみました。
 
と言っても、目分量ですので、大きかったり、小さかったりしますが、
その辺りは、半田付けする際に、どのサイズを使うかを考えながら使うようにします。


さらに、運転席の妻板を取り付ける準備を進めます。
パーツのハマり具合を確認し、マスキングテープで仮止めしてみました。

20180123_002713


20180123_002737

どうやら、問題はないようです。

今後は、これを半田付けする作業を進めて行きます。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年1月22日 (月)

木曾森林鉄道 酒井10t 133号機

さて、何をしようかと思った時に、酒井10t 133号機を購入していたことを思い出しました。

で、前回の経験を生かせるので、組み立てることにしました。

20180122_003507


まずは、ボディを組み立てました。

20180122_003145

裏はこんな感じ。


20180122_003226


その後、運転席を組み立てました。

20180122_003154

今回は、うまく作れました。


20180122_003209

仮止めした後、本格的に半田付けしました。

この後の工程としては、角を削って丸くします。

今回のキットは、運転席に内部も再現されています。

で、こちらを組み立て。

20180122_003333

サイズ比較のために、爪楊枝を並べてみました。
さらに、驚くことに、これ半田付けでできました。

裏からパーツを取り付け、その先端部が輪っかの中心部に出ています。
この輪っかの中心部を半田付けしたのですが、一発でうまくできました。

その結果、このハンドルは回すことが出来ます。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年1月21日 (日)

木曽C型客車 試運転動画

試運転の動画をアップしました。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年1月20日 (土)

酒井7t 84号機

また、新たなキットを入手しました。

今度は、木曾森林鉄道で活躍していた、酒井7t 84号機です。
このDL、現在、りんてつ倶楽部のメンバーがリストアしている車両ですね。

前回、公民館まつりに行った時に、見たDLです。

20180120_215359

キットは、無塗装の状態ですが、実車は、こんな感じです。

20171104_094132

現在は、エンジンカバーが付いている状態ですが、キットは、カバーを外した状態になっていて、
ウエイトとして載せるエンジンが見えています。

なんだか、組み立てるよりも、キットを入手するペースのほうが早いような気がしますが、
まあ、気にせずに、キットを組み立てることにしましょう。

なお、このキット、現在は、入手困難となっているようです。
ワールド工芸のHPにも現在は、掲載されていませんでした。


さらに、木曾森林鉄道 酒井 5t 92号機や立山砂防軌道 酒井5t の組立キットが
リニューアルされて発売されるという情報もあるようで、
こちらも、売り切れる前には入手したいなあと思っています。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年1月19日 (金)

木曽C型客車 2両セット 完成

木曽C型客車 2両セットが完成しました。

塗装完了後、窓ガラスを入れて、カプラーを取り付けました。

しかし、あまりにも軽いので、5gのウエイトを乗せました。
それでもまだ軽いようなので、1両だけはさらに5g追加して、トータルで15gのウエイトを乗せました。

20180118_215514


20180118_215540

その後、エンドレスを組んで、試運転してみました。
牽引しているのは、加藤の5tです。

20180118_233037


その後、酒井の10tでも試運転しました。

20180118_234231

こちらだと、客車が妙に小さく見えますね。

バランス的には、加藤の5tの方が良いようです。

その証拠に、機関車をくれべて見ると、こんなにサイズ感が違いました。


20180118_234248

同じ縮尺とは思えないくらい、サイズが違いますね。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年1月13日 (土)

新レイアウトの検討

すでに、昨年末くらいから、検討を始めています。

今回、サーボを使ったポイント切り替えを取り入れようと計画し、さらに、レイアウトの全面的な検討に入っています。
まだ、プランの段階ですが、複々線を取り入れるかも検討しています。

そこで、実体図を作って、複々線のカーブモジュールを検討しました。
モジュールのサイズは、900✖️900という、0.5畳となります。
2箇所の角を落としたので、圧迫感は多少減ってはいますが、正直、大きいです。

20180113_091928

一番外から、R790、R730、R670、R610、R550となっています。
複々線と言いながら、5線あるのは、一番外は、ヤード線に使用する為です。

しかし、R550で大丈夫かというのも気になり、
実際に走らせて確認しました。

その画像がこちら。

20180113_103635

TOMIXのEF81ですが、R550の90度カーブでは、中間台車が随分と飛び出しています。
走れないことはないですが、やはり、かなり厳しいと判断しました。

やはり、カーブ半径は、R610以上にしないと無理かな?

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年1月10日 (水)

木曽C型客車 2両セット 塗装中

木曽C型客車 2両セットですが、サフを吹きました。

20180109_222636


20180109_222641


その後、ボディを赤で塗りました。

20180109_233432


20180109_233436

屋根と下回りは、黒にするつもりですので、ボディをマスキングしてから、
黒を塗る予定です。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年1月 8日 (月)

木曽C型客車 2両セット

以前、購入して放置していたキットが出てきました。

で、組み立て始めました。

20180108_003500


20180108_003505


20180108_003512


20180108_004019

何故か、このキットには、床板がありませんので、自分で用意する必要があります。


20180108_003655

また、カプラーは、朝顔型になっています。


20180108_003612

そして、車輪は、別売の車輪を取り付けることにしています。

セットには、1両分の車輪が付属していましたが、1両分不足するので、結局、2両分の車輪を追加で購入しています。

あとは、色を塗って、窓ガラスを入れれば完成です。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年1月 7日 (日)

ジェットモグラ 完成

サンダーバードのジェットモグラが完成しました。
電池を入れると、動きました。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年1月 6日 (土)

211系2000番台 長野色  他 試運転しました

昨日、IMONの創業祭で購入したのは、こちらです。

Img_2601


本日、早速試運転しました。

Img_2602

Img_2603

そして、ついでにこちらも試運転。


Img_2605

こちらも問題なく走りました。


そして、さらに、購入したままで放置していた、こちらも試運転しました。


Img_2607


Img_2608


Img_2609

ずっと再生産されるのを待っていました。
オークションでは、時々見かけるのですが、新規購入するのと変わらないような値段で落札されていて、それなら、再生産を待とうと、ずいぶん長い間待っていました。

本当は、KATOから出して欲しいのですが、マイクロエースでしか製品化されていないのです。

価格が高額なので、不満はありますが、走りは問題なし。

しかし、ケースから取り出す際に、パンタがアームの部分から外れてしまい、元どおりに組み直すのに苦労しました。

シングルアームのパンタは、華奢なので、取り扱いには注意が必要ですね。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年1月 5日 (金)

IMONからのお年玉

毎年、IMONから年賀状が届きます。

この年賀状を持っていくと、プレゼントがもらえます。
貰えるものは、貰っておこうと、毎年正月過ぎには、お店に行きます。

ちょうど、年末から創業祭が行われています。
創業祭では、30%引き+15%のポイントバックがあります。

特価市第2弾(1月1日~15日)のリストを見ると、以前から気になっていたものがありました。

というわけで、プレゼントを貰うついでに、買う気で行ってきました。
何を買ったかは、次回以降に。

で、今年のプレゼントは、こちら。


20180105_214434


20180105_214454


メガネタイプのルーペです。

倍率は、1.6倍ということで、それほど大きく見えませんが、これくらいがちょうどいいのかもしれません。
今の所、老眼はそれほど進んでいませんが、遠近両用のメガネは持っています。
ですので、いつかは役立つのではないかと思います。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

サンダーバード リアルキット01 ジェットモグラ 組み立て完了

昨日入手した、サンダーバード リアルキット01 ジェットモグラ モーターライズ仕様ですが、
組み立てが完了しました。

思っていたほど難しいものではなく、1時間くらいで組み立てられました。

まだ、電池を入れていないので、動くかどうかわかりませんが、
ギヤやモーターの部分は組み立て済みなので、失敗することはなさそうです。

それと、接着剤は、一切使用していませんので、プラモというよりも、組み立てキットの感覚です。

しかし、仕上げには、細部への色差しや汚しの効果がありそうです。

昔のプラモに比べると、随分と簡単になっていますね。
その分、定価では、かなり高価になっていますが、あまりにも高価すぎて、手を出しにくくなってしまっているように思います。

20180105_001929


20180105_001941


20180105_001951


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年1月 4日 (木)

サンダーバード リアルキット01 ジェットモグラ モーターライズ仕様

サンダーバード リアルキット01 ジェットモグラ モーターライズ仕様を入手しました。

20180103_204605


20180103_204648

このシリーズ、以前、サンダーバード リアルキット02 サンダーバード2号&4号を入手していますが、
まだ組み立てていません。

サンダーバード リアルキット02 サンダーバード2号&4号は、サイズが1/144という事で、もしかしたら、Nゲージのモジュールに使えるかもと、購入しました。

サンダーバード リアルキット01 ジェットモグラ モーターライズ仕様 は、サイズは、1/48という事ですので、このサイズでは、HOのモジュールにも使えません。
が、まあ、それでもいいかと購入しました。

定価ベースでは、おそらく買わないだろうという値段がつけられていますが、
AMAZONでも投げ売りされていますが、さらにその価格よりも安かったので、実店舗で購入しました。

最近、ららぽーとに出来た、おもちゃさんの倉庫という店で、999円という価格で、安く売られていましたが、
ほかに買う人はいませんでした。

しかし、AMAZONのレビューを見ると、いまひとつのようですね。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »