2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログ村

  • ブログ村

Youtube動画

鉄道模型

無料ブログはココログ

« GM CRAFTSMAN'S MANUAL VOL.1 | トップページ | GMストラクチャキット »

2023年4月20日 (木)

P.C.トレインセット

GMのキットの話。

グリーンマックスNゲージカタログ volume.8を見ていて思い出した事。

20230418-2334

Nゲージを始めたはいいが、当時は市販されている車両が少なく、
なんとも不満に思っていました。

そこで、自然とGMのキットに目が行きます。
しかし、そこには、私にとって、高いハードルがありました。

それは、塗装する必要があるという事。
昔から、プラモデルは組んでいましたが、なるべく塗装しなくて良いものを選んでいました。
どうしても、塗装が必要な場合は、筆塗りをしていました。
当時は、それほど情報も知識もなかったので、
そもそも、塗料は薄めて何度も塗り重ねるということすら知りませんでした。

その結果、塗装したものは、見本とは違って、
ボテっとした何ともみっともない姿になっていました。

そのトラウマがあり、塗装する事には、Nゲージを始めた当時も躊躇していました。
それでも、車両が欲しくて、GMのP.C.トレインセットの夜行急行列車5両セットを購入し、
組み立てて、塗装しました。
恐らく、当時は、Nゲージを扱っている模型店もあまりなかったので、
GMの大山本社まで買いに行っていたと思います。
これが、わたしのNゲージ自作車両の第1号です。

20230418-2339

このセットを選んだ理由は単純で、
使用する色が少なく、用意する塗料が少なくて済むからです。
青、黒、グレー、銀 確かこれくらいだったと思います。
流石にこの時は、筆塗りではなく、スプレー缶を買って塗装しました。
それでも、スプレー缶は、瓶入りの塗料よりも高価でしたし、
少ない小遣いから、必要な物を買い集めるのは結構な出費でしたので、
なるべく節約したかったというのもあります。

結局、この時もうまく塗装は出来ませんでしたが、
自分の実力はこの程度なのだとあきらめていました。
まあ、当時は、運転会などはほとんどなく、
まして運転会に参加するという様なことは考えてもいなかったので、、
自作した車両は、誰に見せるわけでもないので、
自分で納得すればそれで良かった訳です。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村





« GM CRAFTSMAN'S MANUAL VOL.1 | トップページ | GMストラクチャキット »

鉄道模型(客車)」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。

記事を読ませて頂き、私も似た様な道を歩いたなぁって。。。
まだ高校生ぐらいの頃だったかな、
初めて組んだGM板キットは「クモユニ74」でした。
レベルカラー(今のクレオス?)をテキトーに筆塗りで、それはとても酷いモノでしたよ。
塗装の基本を含め、全く知識ありませんでした。
当時の情報源って、友人とか模型関連雑誌ぐらいでしかなかったし。
頼りの雑誌も本屋でせいぜい立ち読み程度でしたが。

現在、大抵の知識はネット検索でおおよそ学習できますから、とても恵まれた環境になりましたねぇ。
様々な方の作品や工夫などを、いつでも簡単に拝むコトも出来て有り難く思っているところです。✨

G.B.さん、コメントありがとうございます。
誰しも、同じ様な経験をしているのではないかと思います。

現在は、色々な情報に溢れているし、参考になる情報も沢山ありますね。
でも、あり過ぎるが故の混乱もあったりしますね。
いずれにしても、最近では、いろいろな情報を参考にしながら、
自分なりのやり方を見つけることも、この趣味の醍醐味でもあるかなと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GM CRAFTSMAN'S MANUAL VOL.1 | トップページ | GMストラクチャキット »