2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ村

  • ブログ村

Youtube動画

鉄道模型

無料ブログはココログ

« 583系室内灯作成 その2 | トップページ | 2023年8月19日国際鉄道模型コンベンション 見学記録 その2 »

2023年8月21日 (月)

2023年8月19日国際鉄道模型コンベンション 見学記録

8月19日 ビックサイトで行われている、第22回国際鉄道模型コンベンションを見学してきました。
オリンピック開催前までは、ほぼ毎年参加していてたのですが、
昨年は、参加表明を忘れていて、参加できず、
今年は、参加するつもりでしたが、家庭の事情で参加できませんでした。

それでも、何とか1日を確保できたので、8月19日に見学してきました。

なお、あらかじめお断りしておきますが、私の場合、ジオラマ制作の技術は決して高くないので、
誰もが、「本物みたい」と褒める様な展示には、あまり興味がありません。
まあ、自分に技術力がないので、素直に受け入れることができず、
捻くれているというのが本当のところかもしれませんが。

で、最初に気になったのは、こちらです。

20230819-1108

展示内容を見ると、自動運転ですが、ツールとして利用しているのが、
Ichigojamということでした。

Ichigojamで真っ先に思い出すのが、
Macの伝説的なプログラマ、古籏さんです。
以前、某MLで交流がありましたが、プログラマでありながら、多くの本を出されています。

その、Ichigojamを自動運転のツールに使っているというのが、驚きでした。

コーディングのサンプルを見せてもらいましたが、
確かに、昔見た、BASICでした。

たまたま、一緒に話を聞いていた方も、
「N-88BASICみたいなやつ?」と聞いていましたが、
まさに同年代の方だった様です。

わたしの場合は、N-88BASICから始めて、仕事でも使っていましたが、
ここ数年は、EXCEL VBAを中心に、いまだにBASICを使っています。

と、余談はこの程度で。

話を聞いていると、仕組みとしては、
電圧降下を検出して、在線確認を行っているとのことでしたが、
Ichigojamでそんなことができるのかと驚きでした。

基板のサンプルも見せてもらいましたが、仕組みはよくわかりませんでした。

20230819-11081

もっと詳しい話を聞きたいと思いましたが、ホームページやブログをやっていないということでしたので、
残念でした。
市販の計画も聞いてみましたが、まだ決まっていない様でした。

もしも、このブログを見る機会があれば、連絡を頂けるとありがたいです。


それと、技術的に気になったので、こちらです。

20230819-1113
20230819-11131

どこの展示かは忘れてしまいましたが、
信号機の展示?でした。

何も説明がなかったのが残念ですが、
おそらく、センサを使って車両を検知し、通過した際に、信号機を青から赤に変更する仕組みだと思います。

私が知っているのは、フォトリフレクタを使った仕組みで、
フォトリフレクタの片方で赤外線を発し、もう一方で物体に反射した赤外線を検知する仕組みを使って、
車両の通過を検知し、信号を赤に変更すると言うものです。

恐らく、同じ様な仕組みだとは思いますが、説明が何もないので、想像の域を脱していません。
個人的には、モデラーズパフォーマンスなので、せっかく作ったものは、どんどんアピールすべきだと思いますが、
そう感じていない方もいるのかもしれませんね。


それから、見せ方で、関心したのは、こちらの展示です。
20230819-13241

【Tsudanuma Indoor Railway】
こちらのかたは、ずいぶん前から参加されていて、毎回、ペーパー製の手作りのGゲージを展示しています。
以前は、ただ単に走らせていて、多少の説明文などもあったかもしれませんが、
今回は、台車部分の展示もあり、その仕組みが紹介されていました。

20230819-1324
20230819-1325
20230819-13251

台車部分位は、動力として、マブチモーターが使われていることがはっきりとわかりました。
そして、その台車を照らしているのが、100均のLEDランプというのも、手作り感があって良かったと思います。

もうひとつ、参考になったのは、
見せたいものは見せているけど、説明が一切ないので、
気になる人は、作者に声をかけて聞いてみるしかないということです。
ある意味、交流目的では、こんな見せ方もあるのではないかと気づきました。

以前行っていた展示では、
あれこれ仕組みを説明する資料を作りましたが、
結局、簡潔に要点だけを伝えるべきで、
細かな説明は、質問されたら答える程度でいいのかもしれないと気づきました。


他にも、気になる展示はありましたので、次回以降に紹介したいと思います。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村




« 583系室内灯作成 その2 | トップページ | 2023年8月19日国際鉄道模型コンベンション 見学記録 その2 »

鉄道模型(イベント)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 583系室内灯作成 その2 | トップページ | 2023年8月19日国際鉄道模型コンベンション 見学記録 その2 »