2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログ村

  • ブログ村

Youtube動画

鉄道模型

無料ブログはココログ

« 猫山森林鉄道 S4型ディーゼル機関車 動力化 | トップページ | 姫神 十三についてわかったこと »

2024年2月26日 (月)

猫山森林鉄道 S4型ディーゼル機関車 動力化 完了

猫山森林鉄道 S4型ディーゼル機関車の動力化の話。

猫山森林鉄道 S4型ディーゼル機関車ですが、
アルモデルの動力装置(アルパワー)を埋め込んで、動力化が完了しました。

前回、スチレンボードで仮固定しましたが、
アルパワーの付属パーツとプラ材で、組み込むことができました。

カプラーの固定は、こちらのパーツを使うことにしました。

20240223-1434_20240226151601


このままでは、アルパワーが組み込めないので、
カット位置でカプラー固定部分のみを切り離します。

カットした部分をボデイに取り付けるとこんな感じです。
ボディの天面には、ウエイトを固定しました。
ちょうど穴が空いている部分に、アルパワーが収まります。

20240223-1703

アルパワーは、ちょうど、カットした部分の端に乗っかります。

しかし、そのままでは、車輪がカプラーよりも引っ込んでしまうので、走行できません。

そこで、プラ棒をカットして、車輪が出っ張る様に固定しました。
また、そのままでは、プラ棒の固定箇所が1箇所に集中してしまうので、
アルパワー側には、付属のパーツを流用して、プラ棒を乗せる台を作りました。

20240223-1656

また、固定用のネジの先がプラ棒と接触するので、
その部分は、プラ棒に穴を開けてネジの先を避けています。

プラ棒は、はじめ5mmを使いましたが、
あまりにも車輪が出っ張ってしまうので、
最終的には、3mmのプラ棒に変更しました。
スペーサーの高さも合わせると、
アルパワーからは4mmボディを浮かせた形になります。

動力装置を組み込んだ状態がこちらです。
プラ棒は、ちょうど、カプラー固定のパーツの端に乗っています。
そして、カプラーの下面よりも、わずかに車輪が出っ張る形になりました。

20240223-1700


実際に、試運転してみると、鉄コレの動力よりもスロー運転が得意な様です。
まあ、価格が違うのでそれくらいの差がないと、せっかく組み込んだ甲斐がないというものです。

なお、鉄コレの動力が「ダメ」という訳でもなく、
手持ちの鉄コレ動力で確認した限りは、
そこそこスロー運転にも対応しています。

両者を比較した場合は、スローは、アルパワーの方が良く、
音は、鉄コレ動力の方が静かです。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村





« 猫山森林鉄道 S4型ディーゼル機関車 動力化 | トップページ | 姫神 十三についてわかったこと »

鉄道模型(DL)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫山森林鉄道 S4型ディーゼル機関車 動力化 | トップページ | 姫神 十三についてわかったこと »