2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログ村

  • ブログ村

Youtube動画

鉄道模型

無料ブログはココログ

« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »

2024年5月

2024年5月28日 (火)

中村精密 ナハ10の組み立て

中村精密の客車キットの組み立ての話

以前、オークションで入手した、中村精密のキットを組み立てます。
20240525-1521
今回も自作の室内灯を取り付ける予定です。

まずは、ボディにガラスを固定します。
と、その前に、ガラスを見ると、一部作りが違う様でした。

そこで、実写の写真を確認すると、窓枠の部分が、銀色になっていることがわかりました。
他の製品を見ても、窓の下の部分は、銀色になっている様です。

そこで、まず、窓の下の部分を塗り分けることにしました。
塗り分けには、ガンダムカラーでお手軽に。

20240525-1458

その後、すべての窓ガラスを固定しました。

20240525-14581


20240525-1515

その後、よく確認してみると、ボディが軽く反っている様に見えたので、軽く補正しました。

数日経って、反りが治ったところで工作を再開する予定です。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月22日 (水)

木曾森林鉄道 酒井7t 84号機

ワールド工芸 木曾森林鉄道 酒井7t 84号機の話

以前から組み立てている、木曾森林鉄道 酒井7t 84号機ですが、
ほんの少し進めました。

あらかた組み立ては完了しているので、塗装待ちなのですが、
久しぶりに試運転を兼ねて確認しました。
走り自体は問題なさそうです。

しかし、気になる点が。

20240522-0908

何だか、妙に車輪が目立ちます。
もっと車高を下げるべきだと思います。

何とか調整して、少しは下げることができました。


20240522-0944

本当はもう少し下げたかったのですが、これくらいで我慢しました。


修正前                         修正後
20240522-090820240522-0944

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月21日 (火)

協三10トンDL 木曾NO.139タイプ

ARU MODEL 協三10トンDLの組み立ての話

以前から組み立てていた、協三10トンDLを少しだけ進めました。

ある程度組み立ては出来ていたのですが、
木曾NO.139に近づけるために、後付けで、手すりを取り付けました。
しかし、手すりの折り曲げに躊躇していて
その後は、長い間放置していました。

今回、思い立って、
一通り、組み立てて、動力装置も取り付けて、試運転を行いました。

動力装置は、アルパワー16Aを使用していますので、
走りに問題はありません。

20240520-1752

20240520-1753

20240520-1755

何だか、猫屋線のDLに似ているので、比較のために並べてみました。

20240520-1800

20240520-1801

似てはいますが、やはり、猫屋線はプラ成型なので、どうしても厚ぼったくなりますね。

それと、動力装置の関係なのか、腰高な雰囲気です。
まあ、キットに比べて安価にナローのDLが手に入るという意味では、十分な製品だとは思います。



ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月16日 (木)

LED点滅駆動IC

LED点滅駆動ICの話

先日、Xを見ていたら、LED点滅駆動ICの話題があった。
LED点滅駆動ICでパトライトを試作している様であった。

そういえば、以前同じ様な目的で、LED点滅駆動ICを買っていたことを思い出した。

手元にあるのは、点滅周期が、1Hz、1.5Hz、2.4Hz、8Hzの4種類だった

実際に点灯させてみて、どれがよいかを検討した

その結果、1Hz、と2.4Hzの組み合わせが良いのではないかと思った。

20240516-0035

実験の様子をショート動画にしました。


その1

その2


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村




2024年5月15日 (水)

SOUND BOX の切り替え その3

KATOのSOUND BOXの話

SOUND BOXの切り替え機が完成しました。


20240514-0042

今回、CASIOのNAME LANDでシールを作りました。
そのままでも良かったのですが、何も表示がないとどこに何を繋ぐかを忘れてしまうので。

一応、右下に、機器名称も入れてみました。

コネクタ部分にもシールを貼りました。


20240514-0006

MAX4台のコントローラーを切り替えることができます。

SWをOFFにすると、直接レールに給電します。

SOUND BOX に接続する際には、SWをONに切り替えます。

例えば、1番のコントローラーをSOUND BOX に接続する場合は、
1番のSWをONにして、ロータリーSWを1番に切りかえると、SOUND BOXに接続します。
SOUND BOXの出力は、出力用のロータリーSWを1番に切り替えて線路に給電します。

通常は、入力用、出力用のロータリーSWは、同じコントローラーを指定します。

隠し機能としては、入力用、出力用にロータリーSWを2個使用しているため、入力と出力を別々に設定できます。
例えば、入力用のロータリーSWを1番のコントローラーを指定し、
SOUND BOX経由の出力用ロータリーSWで2番の線路を指定すると、
1番のコントローラーを使って、2番の線路に給電できます。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月14日 (火)

ナローの試運転ボード

レイアウトベースの話

少し前ですが、下段に設置している、
Nゲージ用のレイアウトベースを拡張しました。

下段と言っているのは、便宜上、下段と言っています。
我が家のレイアウトは、イレクターパイプでベースを組んでおり、
2段式になっています。

上段は床から170cmの位置にあり、16番のレイアウトベースとしています。
所謂、鴨居鉄道です。
なお、一応洋室ですので、鴨居はなく、クローゼットのドア上がベースとなっています。
下段のNゲージ用のレイアウトベースは、床から150cmの位置にあり、
立ち上がった場合、ちょうど目線の高さを車両が走る形になっています。

今回、PCデスク上のスペースをこれまでの30✖️45から
75✖️90に拡張しました。

これにより、これまで通常は立てかけて収納していたナローの試運転ボードを
常時置いておくことが出来る様になりました。

将来的には、Nゲージの車庫の一部にする予定ではいますが、
いまだに、Nゲージのレイアウトは解体したままで、運転すらできない状態です。
いろいろ構想はあるのですが、それを実現しようとする気力がなく、
いまだに放置しています。


用地確保時 
ボードは、100均のコルクボード
線路は、TOMIXの不要レールの再利用

既に、拡張したレイアウトベースの奥側は線路置き場に早変わり。
20240430-0011_20240513100501

ナローの車両整備に使用中
20240430-1134

何となく、制作中のストラクチャも置いてみた
20240513-1006

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月13日 (月)

「量産型リコ」最終章

TV番組の話

「量産型リコ」最終章が放送されるとのこと。
このシリーズ、初回を偶然見てからずっと見ています。
毎回、プラモデルを組み立てるシーンが中心で構成されていますが、
一応ドラマです。

登場するプラモデルは、個人的には、あまり馴染みがないものばかりですが、
このドラマの影響で、久しぶりにプラモデルを組み立てたくなり、
量産型ザクを組み立てたので、
それなりにインパクトがあるのかもしれません。

20240510-1528

6月27日スタートなので、忘れずに録画しなければ。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月11日 (土)

SOUND BOX の切り替え その2

KATOのSOUND BOXの話

ロータリーSWの軸が長すぎるので、カットしました。

20240509-1814

ハイパーカットソーで切ろうとしたのですが、
なかなか切れず、よく見てみたら、中央部分には、金属が使われていました。

20240509-1815

カットして、横から見た図がこちら。
20240509-1817

20240509-1818

ちなみに、下に敷いているのは、Xで見かけた、ファイバークロスです。
ヤスリがけやカット時の細かい切屑を吸い取ってくれるとのことで、
早速試してみました。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月 9日 (木)

aitendo店舗営業再開

aitendoの話

久しぶりにaitendoのサイトを見たら、お知らせがありました。
★緊急★店舗営業再開のお知らせ

2024年6月から店舗営業を再開する様です。
これまで、秋葉原でしたが、今後は、入谷になる様です。

秋葉原にあった頃は、秋葉原に行くと必ず寄っていましたが、
入谷まで出向くのはなかなか面倒ですね。

かといって、
送料を払ってまで手に入れたいものがあるかというと、
そうそうないので、
店舗に行ってあったら買おうかなと思うものが多いので、
今後も通販を利用することはあまりないと思います。

とりあえずは、店舗営業を再開したら一度くらいは行ってみようかと思います。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月 7日 (火)

SOUND BOX の切り替え その1

KATOのSOUND BOXの話

KATOのSOUND BOXは、
パワーパックと線路の間にいれて、音を楽しむ機会です。

しかし、面倒なことが。
パワーパックを複数台使用していると、1箇所でしかSOUND BOXが使用できないこと。
他の路線でSOUND BOX を利用するためには、
その度に、接続を変更する必要があります。

そこで、この面倒臭さを解決できないかと考えていました。

何となく、ロータリーSWを使えば、出来そうだと思い、考えてみました。

しかし、やはり、考慮不足に気づきました。
SOUND BOXを接続したい時には、有効な手段ですが、
では、SOUND BOXを使用しない時には、どうなるか?と考える必要があります。
結局、ロータリーSWのみでは対応できないことがわかりました。

パワーパックの出力を
1.そのままレールに流す
2.SOUND BOXを経由してレールに流す
を選択できる様にする必要があることがわかりました。

そこで、この様な回路を考えました。

20240506-1801

あくまでも私がわかればいい接続図なので、わかりにくいですが、
一番左端が、SOUND BOXを経由する接続です。
この時、ロータリーSWは、2番目を使用している図です。
それ以外の3つは、SOUND BOX には接続せずに、直接レールへ給電する接続です。
ロータリーSWの手前に、SWを設けて、どちらに接続するかを選択できる様にします。

なんとなくイメージが出来たので、組み立てることにしました。


まずは、ケースの加工から。
今回ケースに使用するのは、100均で購入したプラケースです。

ケースの加工が完了しました。
20240506-1750


部品を仮置きしてみました。

20240506-1800

左から2番目のパワーパックが、SOUND BOXと接続している状態の図です。
選択SWが2番目のみONになっています。

20240506-1802


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月 5日 (日)

ナローラインの復活

ナローの話

16番のレイアウトの内側にナロー用のラインを設置しました。
以前から設置はしていたのですが、16番のレイアウト変更に伴い、撤去していました。

今回、ナローの運材車が10両整備できたので、運転用にナローのラインを
再設置しました。

しばらく放置していたので、線路を磨いてからの設置となり、
意外と時間がかかりました。

20240504-1343

20240504-1344

一部、配線を避けるために、嵩上げしましたが、運転には支障ない様です。

20240504-1345

これで、ようやく、以前からやりたかったことの一つが実現しました。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月 4日 (土)

猫山森林鉄道 運材車 積荷を固定する 

猫山森林鉄道 運材車の話

原木を運搬する場合、運材車に乗せた後、
チェーンで固定するのですが、
TOMIXの場合、原木が載っていますが、チェーンが省略されています。

以前から、キットの運材台車を組み立てた際に、
チェーンが必要だと思い、準備していたものがあります。

そこで、このチェーンを流用して、積荷を固定することにします。
とりあえず、手持ちのうちの一部を加工してみました。

20240503-0105

20240503-0104

20240503-0106

多少のオーバースケール感は仕方ないと割り切っています。

なお、実車の場合は、運材台車同士は、連結棒で固定されていますが、
TOMIXは、そちらも省略されています。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月 3日 (金)

猫山森林鉄道 S4型ディーゼル機関車を重くする

猫山森林鉄道 S4型ディーゼル機関車の加工の話。

アルモデルの動力装置(アルパワー)を埋め込んで、動力化を行いましたが、
いまいち、パワーが足りません。

運材台車5両程度は、問題ないのですが、
運材台車10両では、かなりキツそうです。

その原因は、動力車自体が、軽いこと。

そこで、オモリを載せることにしました。
今回も、板錘を使用します。

動力装置に接触しない位置を選んで、錘を載せました。

20240503-0044

さらに、排気管のパーツも取り付けましたが、
気づいたら、排気管は折れていました。

仕方ないので、1.0mmの真鍮線で、排気管を作りました。
一応、元のパーツを参考に、シルバーで塗装もしました。

なお、塗料は手抜きで、ガンダムカラーを使用しています。

20240503-0043


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月 2日 (木)

猫山森林鉄道 運材車を重くする

猫山森林鉄道 運材車の話

車輪を交換して、牽引できる様にしました。
しかし、手持ちのウエイトは、古いタイプなので、
最近の製品には、取り付けることが出来ません。

とりあえず、走行には支障はないのですが、
あまりにも軽快に走ってしまうと、
重厚感がないので、運材車を重くすることにしました。

使用したのは、以前購入しておいた、板錘です。

内部に収まる長さでカットして、半分に折りたたんで、
本来のウエイト取り付け位置に収めます。
20240430-1015

その後、やはりもう少しだけ重くしたくなり、
途中からは、
ウエイト取り付け用の穴を開けて、板錘を取り付ける様にしました。

20240502-0031

とりあえず、手持ちの運材車には、ウエイトを載せることが出来ました。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月 1日 (水)

「昭和の情景博物館」のアップグレード『雑貨屋(店舗兼住宅)』

以前、ブログを見ていて、こちらの記事を見つけました。

「昭和の情景博物館」のアップグレード『雑貨屋(店舗兼住宅)』編(1)
こちら

そういえば、「昭和の情景博物館」をいくつか持っていることを思い出しました。
モジュールに使おうと入手したのですが、
窓が抜かれておらず、使うのを諦めて、しまい込んでいました。

以前から、この窓をなんとかしたいと思っていたのですが、
ブログの記事に刺激されて、真似して加工してみることにしました。

しかし、ブログで紹介されている様な、エッチングパーツは持っていません。

そこで、こちらのブログで以前紹介されていた方式を真似て、加工することにしました。

続三丁目の夕日
こちら

なお、ウッドシールは、以前、ホームセンターで見つけたものを利用します。
また、透明プラ板の代わりには、透明なプラ素材を使用します。

そして、さらに手を抜いて、2階部分は無加工とします。
ほとんど看板で隠れてしまうので、無加工でも良いかと思いました。

20240429-1819

既存の扉を抜いて、代わりに、作成しました。
一応、こだわって、木材の部分は2種類の太さを用意して貼り付けました。
また、一方は、扉の下の部分は、ウッドシールをそのまま貼りましたが、
もう一方は、変化をつけるために、M'sコレクションの柱素材を流用しています。

なんとかそれっぽいものをでっち上げました。

20240430-1554

20240430-1553


ほとんど現物合わせで加工しています。
20240430-1555

一応、こちらが完成形です。
左側の扉は、元々は開いていたのですが、今回は、閉めた状態にしています。
20240430-1734

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





« 2024年4月 | トップページ | 2024年6月 »