2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログ村

  • ブログ村

Youtube動画

鉄道模型

無料ブログはココログ

鉄道模型(イベント)

2023年8月23日 (水)

2023年8月19日国際鉄道模型コンベンション 購入品

国際鉄道模型コンベンションの楽しみとしては、やはり、普段買えないものを買う事です。

今回も、会場内をうろうろして、あれこれ見ながら、
それでも、できる限り節約して、購入して来ました。

モーリンでは、1/80のホームを製品化していますが、
今回、120mm間隔を製品化する様です。
さらに、対向式のホームも製品化するようです。
対向式ホームは、京王線のホームを参考に製品化するようです。

20230819-1659

そして、気になる製品を発見。
コンクリートの車止めです。
貨物ヤードには欲しい製品ですね。
A,Bの2タイプがあるようですが、Bタイプを購入しました。

20230819-1659_20230823011101

20230823-0057

モーリンでは、スタイロフォームを使ったモジュール制作の際に、
あれこれモーリンの製品を利用させてもらっています。
ここ数年は、モジュール製作自体がストップしていますが、
イベントごとに新製品を発表して、今後の製品化も期待しています。

ワールド工芸では、旧製品を50%引きで販売していましたが、ぐっと我慢して、
以前から気になっていた、こちらを購入。

20230823-0055

ナローのターンテーブルです。
ディスプレイ用となっていますが、可能であれば、動く様に改造したいと思います。

IORI工房では、やはり気になっていた、こちらを購入。
1/80 公営住宅です。
20230823-0056

梅桜堂では、こちらを購入。
20230823-0058

1/83というスケールが気になったので、聞いてみたところ、
1/80,1/87の両方で使えるスケールとして、1/83を採用しているとのことでした。

TMSのブースでは、新古品の雑誌を販売していたので、こちらを購入。

こちらは、気になっていて、オークションで入手しようか、迷っていた本です。
20230823-0100

こちらは、第2次千曲鉄道の解説になっています。
20230823-0100_20230823014001

そして、こちらも購入

EF66のクーラーは以前も購入したのですが、EF66自体が増えているので、増備しました。
また、EF64用も買ってみました。
20230823-0057_20230823014801

結局、あわよくば購入したかった車両はなかったので、思ったよりも出費は抑えられた様です。
また、キャッシュレス決済が使えることもあって、
現金がなくても購入できるのは、ある意味ありがたい反面、
思わぬ出費をしてしまいそうな危険性も孕んでいますね。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村





2023年8月22日 (火)

2023年8月19日国際鉄道模型コンベンション 見学記録 その2

前回に引き続き、2023年8月19日国際鉄道模型コンベンション 見学記録です。

これはどこのMPだったかは忘れましたが、
私自身も以前組み立てている機関車です。

20230819-1149

20230819-11491

しかし、線路幅が9mmではないようで、
よく見てみると、6.5mmと書いてあったので、聞いてみました。
すると、やはり6.5mmに改軌しているとのことでした。
一応、作品としては、「立山砂防風」とのことでした。

こちらのレイアウトは、以前、「X」で見かけたものの実物ですね。
20230819-1153

こちらもなかなかいい雰囲気ですが、機関車の調子が悪い様で、調整をされていました。
20230819-1157

こちらも、以前、「X」で見かけた作品です。
20230819-11532

こちらのレイアウトは、TMSの表紙になった作品だそうです。
が、TMS自体を読んでいないので、初めて知りました。

20230819-11571


そして、TMSのブースには、HALさんの作品がありました。
ブログでは、何度も見ていますが、実物を見るのは初めてです。
正直、絶対に真似できない世界観の作品です。
20230819-1203

20230819-1208

ただ、残念に思ったのは、C56が走っていましたが、走行スピードが早すぎることでした。

他のMPでも、「なぜそんなに、高速で走らせるのか?」と感じる展示もありました。
まあ、この辺りは、展示されている方のそれぞれの考え方なので、とやかく言うことではありませんが。
思っているだけで、口に出す様な失礼な事はしません。

そして、こちらも、どこだったか、忘れましたが、
機関車が大量に展示されていました。
20230819-12171

しかし、こちらも、個人的には、気になる車両は数量しかなく、
全検明けのような機関車が大量に並んでいました。
20230819-1217

これも、悪いわけではなく、
個人的な好みとしては、綺麗な機関車では物足りなく、汚れている機関車が好みというだけです。
20230819-1218


こちらはもどこか、忘れましたが、
車両の保存ケースとしても使えそうな展示だと思い、
今後のために撮影しておきました。
20230819-1504


こちらも、以前、「X」で見かけた作品ではないかと思います。
20230819-1534

こちらは、宮下さんの作品のようです。
なぜここにあるのかはよくわかりませんが、もしかしたら関係者なのかも?

20230819-1535


こちらは、木曽森林鉄道の車両のようですが、勝手に思っているだけで、そうではないかもしれません。
20230819-15341

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村





2023年8月21日 (月)

2023年8月19日国際鉄道模型コンベンション 見学記録

8月19日 ビックサイトで行われている、第22回国際鉄道模型コンベンションを見学してきました。
オリンピック開催前までは、ほぼ毎年参加していてたのですが、
昨年は、参加表明を忘れていて、参加できず、
今年は、参加するつもりでしたが、家庭の事情で参加できませんでした。

それでも、何とか1日を確保できたので、8月19日に見学してきました。

なお、あらかじめお断りしておきますが、私の場合、ジオラマ制作の技術は決して高くないので、
誰もが、「本物みたい」と褒める様な展示には、あまり興味がありません。
まあ、自分に技術力がないので、素直に受け入れることができず、
捻くれているというのが本当のところかもしれませんが。

で、最初に気になったのは、こちらです。

20230819-1108

展示内容を見ると、自動運転ですが、ツールとして利用しているのが、
Ichigojamということでした。

Ichigojamで真っ先に思い出すのが、
Macの伝説的なプログラマ、古籏さんです。
以前、某MLで交流がありましたが、プログラマでありながら、多くの本を出されています。

その、Ichigojamを自動運転のツールに使っているというのが、驚きでした。

コーディングのサンプルを見せてもらいましたが、
確かに、昔見た、BASICでした。

たまたま、一緒に話を聞いていた方も、
「N-88BASICみたいなやつ?」と聞いていましたが、
まさに同年代の方だった様です。

わたしの場合は、N-88BASICから始めて、仕事でも使っていましたが、
ここ数年は、EXCEL VBAを中心に、いまだにBASICを使っています。

と、余談はこの程度で。

話を聞いていると、仕組みとしては、
電圧降下を検出して、在線確認を行っているとのことでしたが、
Ichigojamでそんなことができるのかと驚きでした。

基板のサンプルも見せてもらいましたが、仕組みはよくわかりませんでした。

20230819-11081

もっと詳しい話を聞きたいと思いましたが、ホームページやブログをやっていないということでしたので、
残念でした。
市販の計画も聞いてみましたが、まだ決まっていない様でした。

もしも、このブログを見る機会があれば、連絡を頂けるとありがたいです。


それと、技術的に気になったので、こちらです。

20230819-1113
20230819-11131

どこの展示かは忘れてしまいましたが、
信号機の展示?でした。

何も説明がなかったのが残念ですが、
おそらく、センサを使って車両を検知し、通過した際に、信号機を青から赤に変更する仕組みだと思います。

私が知っているのは、フォトリフレクタを使った仕組みで、
フォトリフレクタの片方で赤外線を発し、もう一方で物体に反射した赤外線を検知する仕組みを使って、
車両の通過を検知し、信号を赤に変更すると言うものです。

恐らく、同じ様な仕組みだとは思いますが、説明が何もないので、想像の域を脱していません。
個人的には、モデラーズパフォーマンスなので、せっかく作ったものは、どんどんアピールすべきだと思いますが、
そう感じていない方もいるのかもしれませんね。


それから、見せ方で、関心したのは、こちらの展示です。
20230819-13241

【Tsudanuma Indoor Railway】
こちらのかたは、ずいぶん前から参加されていて、毎回、ペーパー製の手作りのGゲージを展示しています。
以前は、ただ単に走らせていて、多少の説明文などもあったかもしれませんが、
今回は、台車部分の展示もあり、その仕組みが紹介されていました。

20230819-1324
20230819-1325
20230819-13251

台車部分位は、動力として、マブチモーターが使われていることがはっきりとわかりました。
そして、その台車を照らしているのが、100均のLEDランプというのも、手作り感があって良かったと思います。

もうひとつ、参考になったのは、
見せたいものは見せているけど、説明が一切ないので、
気になる人は、作者に声をかけて聞いてみるしかないということです。
ある意味、交流目的では、こんな見せ方もあるのではないかと気づきました。

以前行っていた展示では、
あれこれ仕組みを説明する資料を作りましたが、
結局、簡潔に要点だけを伝えるべきで、
細かな説明は、質問されたら答える程度でいいのかもしれないと気づきました。


他にも、気になる展示はありましたので、次回以降に紹介したいと思います。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村




2022年8月22日 (月)

第21回国際鉄道模型コンベンション 行けず報告

残念ながら、今年は行くことが出来ませんでした。

当初、8月19日に行くつもりで、前売り券を購入していましたが、
8月19日は予定が入ってゆくことが出来なくなりました。

そして、8月20日は、ワクチン接種の予定があり、20日も無理でした。

というわけで、8月21日に行く予定を立てていたのですが、
副反応で、発熱してしまい、外出することが出来なくなりました。

結局、最終日の21日は、家で寝たきりの生活となりました。

Twitterなどをみていると楽しそうな雰囲気は伝わってきますが、
唯一気になったのは、マイクロエースの国電103系復刻再生産プロジェクト始動
というニュースです。
恐らく、パワートラックなどを使えば、走行化も可能ではないかと思います。

ただ、マイコロエースなので、いつ頃製品化されるかは、わからないですね。

おそらく数年後なのかなと予想していますが・・・。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村





2021年12月 4日 (土)

さいたま鉄道模型フェスタ2021WINTER

本日、漸く、さいたま鉄道模型フェスタ2021WINTER開催の案内が掲載されました。

https://world-kougei.com/hpgen/HPB/entries/105.html
さいたま鉄道模型フェスタ2021WINTER

日時: 2021年12月25日(土)11:00~17:00
     2021年12月26日(日)10:00~16:00
     入場者多数の場合は開場時間を繰り上げさせていただきます。
会場: 大宮ソニックシティ地下1階
第2、第3、第4、第5展示場(JR大宮西口下車徒歩約5分)
入場料: 無料

■ご来場のお客様へ
※政府のガイドラインに従い入場者数を制限させていただきます、そのため80分でお客様の入れ替えを行いますのでご了承ください。
※検温と手指消毒、マスク着用にご協力いただいた方のみご入場いただけます。


今回は、80分での入れ替えとなるようです。
毎年の例だと、会場は超満員なので、仕方がない事だとは思います。

そうなると、「わざわざ人混みに行かない方がいいかな」という気もしてきます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

2021年11月18日 (木)

さいたま鉄道模型フェスタ 今年も中止?

さいたま鉄道模型フェスタは、2021年も開催されないようですね。

・ソニックシティのカレンダーを見ても、予定が入っていませんね。
 1ヶ月前の時点で予約が入っていないということは開催はなさそうですね。

・ワールド工芸のHPを見ても、お知らせはありません。
 逆に、1月14日〜17日に何かイベントがあるようです。

毎年楽しみにしているのですが、開催されないのであればしかたないですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2021年10月 8日 (金)

軽便鉄道模型祭 記念製品販売 到着

本日、ナローガレージから、軽便鉄道模型祭 記念製品が届きました。

20211007-1658

カナ書きカトウのエッチング板です。
今回、2両分買いました。
20211007-1659

かなり小さいパーツがたくさんあるので、半田付けには苦労しそうです。
組み立てる前から、めげそうな予感がありあり。

20211007-1700

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2021年10月 6日 (水)

軽便鉄道模型祭 記念製品販売 その後のその後

アルモデルに『アルパワーNZ12S』を注文したところ、
昨夜、ヤマトからお届けの連絡が来ていました。

余談 ヤマトに登録しておくと、配達前に、受取の時間指定や受け取り場所の変更をWEBから指定できます。

そこで、WEBから本日の午前中受け取りを指定して、荷物を受け取りました。

20211006-1010

なんと、今回は、軽便鉄道模型祭 記念板が届く前に、動力装置が届いてしまいました。
アルモデルの素早い対応に感謝です。


今回は、早めに組み立てろということなのかな?

これまで購入したキットは、死蔵していて、全く組み立てていません。
そろそろ着手すべき時ではないかとは思っていますが。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

軽便鉄道模型祭 記念製品販売 その後

軽便鉄道模型祭 記念製品のキットを注文したので、
動力装置を購入します。

推奨動力 アルモデル『アルパワーNZ12S』(品番B4026 価格:5,400円+税)

昨年も、エッチング板を買うと同時に、アルモデルに注文しています。
今回も、早速、メールで注文しました。
今回は、エッチング板は2両分購入していますので、動力装置も2両分注文しました。

ちなみに、メールアドレスは、トップページの下の方のお問い合わせ先に掲載されています。

支払い方法で、クレジットカードでの支払いを選択すると、
折り返し、支払いのWEBの案内が届きます。
そのサイトから、カード情報などを入力すると、支払いが完了します。

なお、期間限定ですが、今注文すると送料が無料になるという事ですので、
購入予定のある方は、早めに注文されることをお勧めします。

通販の場合、何が高いって、送料が結構かかるので、
Amazonで買い物する場合もできる限り纏めて注文して、送料が掛からないようにしています。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2021年10月 4日 (月)

軽便鉄道模型祭 記念製品販売

今年も軽便鉄道模型祭は、Twitterでの開催となりました。

軽便鉄道模型祭 公式ブログ

その為、恒例の記念エッチング板の販売も、通販となりました。
10月3日10:00受付開始なので、早速、注文しました。

20211003-130107

これまで、何度か購入していますが、反省点として、いつも1枚しか買っていなかったことがあります。
そこで、今回は、奮発して、2枚申し込みました。
これだけでも、かなりの出費ですが、走らせる為には、さらに動力装置も必要になります。
まあ、既製品でないDLが自作できるという意味では、多少の出費はやむなしですね。

買う買わないは、個人の自由なので、
「あの時、買っておけばよかったのに・・・」という後悔を何度もしているので、
私は後悔しない為にも買いました。

でも、私の場合は、作る前に、「手に入れて満足してしまう」のも、かなり問題ですがね。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧