2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

  • ブログ村

鉄道模型

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

鉄道模型(イベント)

2018年10月14日 (日)

日本鉄道模型ショウ

日本鉄道模型ショウへ行ってきました。

ショウと言っても、販売が主なイベントです。
レイアウトの展示もありますが、来場者のほとんどが購入目的です。

10時開場ですが、15分前に着いてみると、行列ができていましたが、
しかし、このイベントは、16番やOゲージなどが主体なので、それほど行列は長くありません。

今回の目的は、先日入手した、熊本・内大臣の野村式DL用の動力装置を入手することです。
事前に、メーカーには在庫を確保してもらっていますので、確実に入手はできました。

他にも、あれこれ見ているうちに欲しいものが見つかって、思った以上に散在してしまいました。

モーリンでは、模型用ミラフォームΛグレーという製品が気になりました。
素材自体がグレーなので、着色なしでも、コンクリートや道路として利用できそうです。
実際に、新幹線の高架を展示していましたが、なかなかいい感じでした。
橋脚もミラフォームΛグレーで作られていましたが、
こちらは、いまひとつ不安定な感じで、今後改良の余地がありそうでした。

そして、以前から気になっていた、CAMLON PRO PLATA 630の 100/0という
一番細いタイプを購入。
今回、久しぶりに車両の加工を行ってみて、
まともな筆を持っていないことに改めて気付きました。
その反省も含めて、ちょっと高価なものを買いました。

こちらが今回の目的のアルモデル動力装置です。

20181013_155424

こちらは、ワールド工芸のイベント企画品です。
以前販売されていたものをコアレスモーターに変更したものだそうです。

20181013_155259

こちらは、アールクラフトの運材台車です。
1セット持っていますが、追加で購入しました。


20181013_155325

そして、手すりの加工に使えそうなものを見つけてしまい、購入してしまいました。
前回、持っている治具で作成した手すりがあまりに貧弱だったので、
何かいい工具はないかと思っていたので、思わず購入してしまいました。


20181013_155643

なかなか、いいアイデアだなあと思いました。
細かい手すりも作れるものは、プロ仕様のようで、
もしかしたら、これだけでも商売になっているのかもしれませんが、詳細は分かりません。
しかも追加注文は、メールではなくFAXでというのも、ある意味、いまどきではなく珍しいというか。
他にも、数種類手すり作成用の工具があるようですが、基本ということでこちらをまずは使ってみたいと思います。

そして、会場の近くに、DDFがあると知り合いに教えてもらい、帰りに寄ってみました。
DDFでは、記念品としてこちらを頂きました。

20181013_155436

他にもなんだかんだと、散在してしまいましたが、個人的には、満足したイベントでした。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年8月27日 (月)

第19回国際鉄道模型コンベンションで買ったもの

第19回国際鉄道模型コンベンションで購入したものを報告しておきましょう。

今回は、キットのみです。

ワールド工芸のワフ21000,立山砂防軌道 酒井5t

20180826_135101

根室拓殖鉄道 単端式気動車

20180826_135105

尾小屋鉄道キハ2

20180826_135119

ついでなので、現在手持ちの未着手キットを確認してみました。


20180826_175845

こちらは、木曽森林関係
機関車3両に、客車3両です。

20180826_180005


こちらは、その他のナロー
立山砂防軌道 酒井5tは、前回入手しているので、現在2両保管しています。

20180826_180111


こちらは、Nゲージのキット
電気機関車や蒸気機関車のキットです。

20180826_180222


こちらは、貨車移動機、モーターカー
16番1両、Nゲージ2両です。

20180826_180302

16番のキット、簡易軌道キット

20180826_180449

そして、こちらが、現在仕掛り中のキットです。
ナロー3両と、16番2両です。

20180826_180537

よく考えたら、5台のキットが未だに仕掛り中ですね。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年8月23日 (木)

第19回国際鉄道模型コンベンション報告 その3

第19回国際鉄道模型コンベンション報告 その3です。

まずは、Nゲージのレイアウトの紹介です。

20180817_164010

私の担当分は、3箇所でしたが、今回は、過去に製作したモジュールの使い回しです。

で、皆さんが注目していたのは、その手前にある、モジュールです。


20180817_164019


20180817_164026

エバやゴジラ、シンカリオンなどがいるので、皆さん喜んで写真を撮っていました。

そして、初日に指摘されましたので、2日目には、持って行った機関車を並べました。


Img_2678


Img_2679

最近は、加工する時間も車両もないので、あまりやっていませんが、
これまでに加工した機関車をとりあえず並べました。

なお、加工は、特定機を意識したものではありません。
ですので、実車とは一致しない箇所も多々あると思います。

Img_2680


Img_2681

そして、3日目には、こんな形にしてみました。

20180819_110825


20180819_121212


20180819_121340


20180819_121346

20180819_121403


20180819_165646


20180819_110116

左側のDE10は、標識灯が点灯するように改造していますが、通電していないとわかりませんね。

20180819_110839


第19回国際鉄道模型コンベンションの報告は、以上です。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年8月22日 (水)

第19回国際鉄道模型コンベンション報告 その2

第19回国際鉄道模型コンベンション報告 その2です。

今回は、新モジュールのお話。

今回、出展にあたり、Nゲージと16番を分けることにしました。
これまでは、16番のラインの内側にNゲージのラインを配置していました。

ブースを分けることにより、それぞれのラインが、複々線となりました。
そして、16番のラインには、ヤードへ分岐するためのポイントモジュールを設置しました。

このモジュールは、敢えて、ヤードから離れた箇所に設置しています。

さらに、このポイントモジュールでは、サーボによるスローアクションポイントを採用しました。

しかし、実際に作ってみると、あれこれ問題が発生しました。

1.ギャップの問題
 今回使用したポイントは、篠原製のため、非選択式となっています。
 その為、ギャップを切って、電気の流れを制御する必要があります。
 しかし、幸いないことに、5Vのリレーを使用する前例があり、
 この問題は割と簡単に解決できました。

2.サーボの固定
 サーボは、ポイントの裏側に取り付けます。
 その為、固定する位置の調整が結構面倒でした。

 両面テープなどで仮止めしていても、確認作業を行っているうちにずれてしまったり、
 重力により、落ちてしまったりと、せっかく調整したものが振り出しに戻ったりと、
 意外に面倒でした。

3.サーボの暴れ
 今回の中で一番苦労したのがこの問題です。

 最初の暴れは、微妙に動くことです。
 これは、サーボに常に電源を供給し続けていることが原因でした。

 具体的には、attach(pin)で、サーボ変数をピンに割り当てますが、
 割り当てを行って以降は、サーボは、常にArudinoに制御させることになります。

 そこで、detach() ピンの解放を行うことにより、サーボは、停止します。

 したがって、必要な時にのみ、 attach(pin)で、サーボ変数をピンに割り当て、
 動作が終了次第、detach()でピンの解放を行うようにスケッチを変更しました。

 これにより、サーボの無駄な動きがなくなりました。

 しかしその後にも、まだ暴れの問題が発生しました。

 サーボには、電源5V、アース、制御信号の3本を繋ぎます。
 今回のレイアウトでは、操作盤とサーボの間は、数メートル離れる為に、
 移動等を考慮して、LANケーブルを使用して各モジュール間を接続することを考えていました。

 その為、LANケーブルには、電源+5Vと制御信号が流れることになります。

 そして、いざ実験してみると、LANケーブルをつないだ途端にサーボが暴れ出したのです。

 それまでは何の問題もなかったのに、LANケーブルでの接続に変更した途端に
 サーボの暴れが発生しました。

 原因は、LANケーブルに、電源+5Vと制御信号を流したからだと推測し、
 電源用のラインを別途準備すると、この問題は解決しました。

 文章にしてみると、ほんの数行ですが、ここまでにたどり着くのに、
 半ば諦めモードに陥るくらい凹んでいました。
 
そのような経緯があり、何とか、間に合わせることは出来ましたが、
当初考えていた、モジュールの姿とは違って形での展示となってしまいました。


こちらが、ポイントモジュールの全景です。

20180819_111353

ダブルスリップを使っていますので、この部分で、本線が蛇行しています。

20180819_111318

この部分を列車が通過するのを眺めるのは、なかなか楽しいものです。

20180819_111322


で、肝心のポイントですが、こちらです。

20180819_111339


20180819_111348

一応、ダミーのポイントモーターを取り付けています。

バラストが一部分ないのは、動作不良が怖くて、バラストを固着できていないからです。
しかも、バラストは着色もしていないので、とても不自然です。


そして、見せる用の表示パネルはこちら。

20180819_111358

LEDで選択されている経路を表示しています。


表示パネルの近くにある、こちら。
右側は、ギャップコントロールモジュール。
左側は、電源+制御信号供給モジュールとなっています。

本来は、ケース等に収めて、見えないようにしようと考えていました。

20180819_111401

こちらは、操作用のモジュールです。
左側の4つボタンがあるのが、経路切り替えモジュール。
このボタンで経路を選択します。

右側が、操作用の経路表示モジュールです。
ボタンで選択された経路を表示します。

なお、こちらの内部には、Arduino MEGA、電源供給モジュール、ケーブル接続モジュールが収納されています。

20180819_111411

それにしても、計算上では、操作用のモジュールとポイントとは、数メートルは離れているので、
ケーブルを長めにしておいたのですが、
実際には、操作用のモジュールを手前側には設置できず、モジュールの内側に配置する形となってしまい、ケーブルが余ってしまいました。


というわけで、あれこれ課題が多いままの展示内容の説明でした。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


2018年8月21日 (火)

第19回国際鉄道模型コンベンション報告 その1

第19回国際鉄道模型コンベンションの報告です。

8月16日は搬入日でした。
15時過ぎに会場入りしましたが、既に他の出店者はブースの設営がある程度済んでいたようです。
その為、会場の入り口からブースまで荷物を持ち込む為に、何度往復したことか。

さらに、今年から、2ブースにした為、設営に時間がかかり、21時時まで残業申請をしましたが、
線路の設営が結局終わらず、翌朝早出して対応することに。

8月17日。初日。

20180817_073629

ビッグサイトには、7:30過ぎに着きましたが、扉が閉まったままで入ることが出来ません。
結局、8:00の開場を待って、入場しました。

その後、設営を行い、なんとか運転できる様にはなりました。

今回の16番のレイアウトです。
20180817_095949

手前の方の、茶色いモジュールが私の担当分です。
今回、「スローアクションポイントを採用したい」と言い出しっぺでもある私が、
4箇所の担当になりましたが、その割には、全くと言っていいほど、製作が進まず、
家族にも、「これで恥ずかしくないのか?」と言われてしまうほど、
未完成な状態でした。


こちらが、Nゲージのレイアウトです。
20180817_100006

本線はなんとか繋がりましたが、この時点では、体験運転用のラインが繋がっていません。
初日の午前中には、体験ラインも設置が完了しました。

そして、16番のレイアウトの横には、こんなものを設置。
20180817_113609

冷静によく見ても、これがなんなのかが全くわかりませんね。

というわけで、少し説明を加えました。


20180817_151543

要は、今回採用した、サーボによる、スローアクションポイントのデモ用展示だったのです。
しかし、これでも、まだよく解りませんね。

そこで、用意したのが、こちら。

20180818_232301

今回の展示のアピール文です。

そして、最終日の18日は、この形に。

20180819_122434

ポイントがスローアクションで動くところを見て欲しいのですが、
ボタンを押すと、どこかで何かが変わることを期待してなのか、
ほとんどの方が、レイアウトを見ます。

ですので、見て欲しい所をお知らせするようにしました。

で、ブログでは、メカの内部も公開します。

20180819_122516

と言っても、抵抗が4本、基板に固定されているだけです。

ボタンを押すと、ポイントが動き、その後、該当のLEDが点灯するようにしています。


会場で撮影した動画もありますので、一緒に紹介します。

ちなみに、今回のデモで使用したスケッチを以下に貼り付けておきます。

予め印刷したスケッチを用意しておいたのですが、
スケッチの内容にまで、突っ込んだ質問をしてくる人はいませんでした。
Arduino UNOを知っていた、若者には、無理やり内容を説明した記憶はありますが。(*´v゚*)ゞ

今回は、Arduino UNOを使用し、
サーボも1個だけでしたので、サーボ駆動用の5V電源は、
Arduino UNOから供給しています。
また、サーボのスピードは、テストの結果、スムーズに動く、「2」を採用しています。

/*
2018servodemo

2018/8/14
IHTモジュール倶楽部 oomori
サーボによるポイント切替
 押しボタンにより選択された経路へポイントを切り替える。
 切り替えた経路は、LEDで表示する 

2018年JAMデモバージョン

ターゲットマシン : Arduino UNO

使用ライブラリ
 VarSpeedServo

*/

#include

VarSpeedServo myservo1;

int Start_pos = 90; //ポイント切替 開始位置
int End_pos = 70 ; //ポイント切替 終了位置
int SPEED1 = 2; //サーボスピード

int srv1 = 5; //サーボピン指定

#define LED1 3 //LEDピン指定
#define LED2 4

// 経路選択SW
#define BUTTON1 1
#define BUTTON2 2

// SWの入力値、前回入力値、ステイタス 初期化
int val1 = 0;
int old_val1 = 0;
int state1 = 0;
int val2 = 0;
int old_val2 = 0;
int state2 = 0;

// the setup function runs once when you press reset or power the board
void setup() {
//サーボ割り当て(初期)
myservo1.attach(srv1);

//サーボ 初期値設定
//サーボの駆動テスト  
myservo1.write(Start_pos,SPEED1, true);
myservo1.write(End_pos,SPEED1, true);
myservo1.write(Start_pos,SPEED1, true);

//サーボ解放
myservo1.detach();

// digital pin as an output.
pinMode(LED1, OUTPUT);
pinMode(LED2, OUTPUT);

// digital pin as input.
pinMode(BUTTON1, INPUT);
pinMode(BUTTON2, INPUT);

delay(2000); //dummy
}

// the loop function runs over and over again forever
void loop() {
val1 = digitalRead(BUTTON1); //ボタン1の処理
if ((val1 == HIGH ) && (old_val1 == LOW)){
state1 = 1;
state2 = 0;
}
old_val1 = val1;

val2 = digitalRead(BUTTON2); //ボタン2の処理
if ((val2 == HIGH ) && (old_val2 == LOW)){
state2 = 1 ;
state1 = 0;
}
old_val2 = val2;

if (state1 == 1) {
myservo1.attach(srv1); //サーボ割り当て
myservo1.write(Start_pos,SPEED1, true);
myservo1.detach(); //サーボ解放
digitalWrite(LED1, HIGH); // turn the LED on (HIGH is the voltage level)
digitalWrite(LED2, LOW);
}
if (state2 == 1) {
myservo1.attach(srv1); //サーボ割り当て
myservo1.write(End_pos,SPEED1, true);
myservo1.detach(); //サーボ解放
digitalWrite(LED1, LOW); // turn the LED on (HIGH is the voltage level)
digitalWrite(LED2, HIGH);
}
delay(200); // wait for a second
}


今回、このデモを見て、仕組みに興味を持った方からの質問がありましたので、
こちらで、改めて説明させていただきました。

なお、不明点等あれば、お気軽にご質問ください。

ということで、今回は、スローアクションポイントのデモ用展示の説明でした。

次回に続く。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年8月20日 (月)

第19回国際鉄道模型コンベンション 終了

第19回国際鉄道模型コンベンションが終了しました。

取り合えず、無事に?終了しました。

毎年の事ながら、来年への課題は沢山あります。
が、果たしてどれだけ実現できるかは怪しいものです。

しかしながら、今年の個人的な目標の「サーボによるスローアクション・ポイント」はほぼクリアできたかなと思います。

さて、来年はどうしましょうかね。

と、「来年も参加するつもりになっています」

今年のモジュールは、とてもモジュールと呼べるような状態ではなかったので、もう少し作りこみをしたいとは思いますが、16番の場合、ストラクチャもほぼ自作が必要なのと、どうしても線路中心になってしまい、ストラクチャを配置するのも難しいですね。

まあ、とりあえずは、1年先のことなので、ゆっくり考えましょう。

と言いながら、いつの間にか、ぎりぎりにならないとやらないのも毎年の恒例ですね。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年8月18日 (土)

第19回国際鉄道模型コンベンション

今年も、国際展示場で行われている、第19回国際鉄道模型コンベンションに参加しています。

明日が最終日ということで、ちょっと宣伝。

今回の個人的な目玉は、こちら。

20180817_113609

弁当箱。
では、ありません。
こちらは、サーボによるスローアクション・ポイントのデモ展示です。

デモを見て、興味を持ってくださった方から、質問があり、仕組み等を説明しました。
詳細の説明はいずれブログでも行おうかと思います。

実際には、この仕組みを使った、モジュールを製作しました。
正直、完成には程遠い状況です。とりあえず、動くようにはなったといった状態です。

それでも、「人生楽しんだ者勝ち」ということで。

しかも、撮影した画像を確認したら、肝心なモジュールの画像がありません。
モジュールの紹介は後日ということで。

1日目を終えて、我々の展示の目玉は何なのかが伝わっていないと感じ、
今年の目玉を1枚にまとめたものを作成し、展示の横に置いておきました。
説明を読んでくださる方もいましたので、説明資料を作った甲斐はあった様です。

20180818

明日は最終日。
興味のある方は、ぜひ、ビッグサイトにお越しください。
なお、明日は、17時までになります。

しかし、出展者には、その後、ツライ撤収作業が待っています。(;ω;)


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年7月 3日 (火)

第24回JNMAフェスティバル 

4階には、車両が展示されています。

実際に、車両工作を実演している人もいました。
有名な人なのかもしれませんが、あまりこの分野には詳しくないので、
展示されている車両を眺めました。

20180701_133521


20180701_133527


20180701_133531

さすがに、こちらの作者の方は、名前は知っています。

営団6000系 GMのキットを組んだものです。
非常用のハシゴが降りた状態も再現していますね。

こちらは、東武のリバティですね。

20180701_133712


20180701_133733

素材は何なのか、ちょっと気になりました。

そして、こちらは、51Yさんの作品。
都バスの整備場だそうです。

20180701_133742


20180701_133755

会場でも、誰かが言っていましたが、この下に敷いてある布が鮮やかすぎて、
車両が引き立ちません。

さらに、テーブルの真ん中付近に置かれているので、よく見えなんいんですよね。
展示の仕方は、もうすこし工夫が必要だなあと思いました。


こちらは、車両加工を実演していた方の作品です。
北海道の気動車を加工しているようですが、こちらの分野にも詳しくないので、
よくわかりません。


20180701_134022


20180701_134028


20180701_134046


最後に、会場で入手したものは、こちらです。

20180701_172637

バスコレの動力ユニットです。
今後何かに使えるのではないかと、安かったので、買っておきました。

20180701_172933

アルモデルの改造パーツです。
以前買い忘れていたので、今回は忘れずに入手しました。


20180701_173819


20180701_173831

そして、前から欲しかった、こちらです。
イベントだと、ワールド工芸のキットは、通常よりも安く入手できるので、
実は、この機会を待っていたのです。

リニューアルされた、立山砂防のDL。
こちらは、オークションでは何度か見かけましたが、長い間在庫なしになっていた製品です。

20180701_174140

リニューアルされた、木曽森林のDL。92号機。
92号機は、以前のキットを組み立てていますが、
個人的には、初めてのキットだったので、いまひとつ、組み立てが悪く、あまり気に入っていません。
再挑戦したいと以前から思っていたのですが、なかなか再発売されませんでした。

20180701_174019

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年7月 2日 (月)

言問橋からイベントへ

第24回JNMAフェスティバルの開場前に、言問橋にも行きました。

橋のたもとから、スカイツリーがよく見えます。

20180701_090631


20180701_090717


20180701_090726

以前、(と言っても随分昔ですが、)来た時には、言問橋から見る景色にはスカイツリーはありませんでした。


JNMAフェスティバルでは、買い物を少ししましたが、
人が多すぎて、よく見ることもできず、諦めて、
「T-Track Network」によるモジュール式運転会(Nゲージ)を見学しました。

個人的に気になったモジュールをご紹介します。

20180701_123647

世田谷線の砧本村ですね。
私が子供の頃は、砧線がまだ現役でしたが、
ほとんど記憶にありませんが、以前写真でみた感じに似ているようです。


そして、高津区民には、おなじみの二ヶ領用水の久地円筒分水ですね。
実際には、近くに電車は通っていませんが、こちらも雰囲気は出ていると思います。

20180701_124013


さらに、こちらは、函館の風景ですね。
この地点は、結構有名ですね。

20180701_124340

そして、こちらは、charの実家がある、戸越銀座ですね。
何度か、通ったことがありますが、こちらもいい雰囲気ですね。

20180701_124555

そして、こちらは、個人的には、非常にツボでした。

棟上げ式の情景ですね。
学生時代、鳶職の手伝いをしたことがあり、実際に棟上げ式に何度か参加したことがあります。

棟上げが済むと、振舞い酒があり、建て主主催の職人さんや棟上げの手伝いをした人を招いた宴席があるのです。
その様子をジオラマで再現しているんですね。

ただ、ちょっと不満なのは、屋根の部分に、横に柱が通っていないことです。
そこまでやらないと、棟上げが完了しないはずなんですけどね。

20180701_124907


その後、4階に移動しました。


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

2018年6月29日 (金)

第24回JNMAフェスティバル

今年も、行われます。

2018年7月1日(日) 11:00~16:00
東京都立産業貿易センター台東館4/5F
入場料 500円
高校生~大人のみ有料。

配置図

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ