2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログ村

  • ブログ村

Youtube動画

鉄道模型

無料ブログはココログ

鉄道模型(レイアウト作成)

2024年6月 6日 (木)

SOUND BOX の切り替え その3

SOUND BOX の切り替え機の話

以前製作した、SOUND BOX の切り替え機ですが、
しばらく使っていて、問題が発覚しました。

それは、SOUND BOXを使っているつもりがないのに、
なぜか、SOUND BOXに接続されていて、しかも、制御不能となること

原因は、ロータリーSWにありました。

SOUND BOXに接続していない場合でも、線路への出力の線とSOUND BOX の出力線が接続されてしまうこと。

その結果、想定外の電流が流れて、列車がコントロール不能になることがわかりました。
解決策としては、SOUND BOXを使用しない場合は、
線路への出力の線とSOUND BOXの出力線を切り離すことです。

はじめは、SWを追加しようかと考えたのですが、
ロータリーSWの未使用箇所があることに思い当たりました。

SOUND BOXを使用しない場合は、ロータリーSWをダミーの箇所に切り替えることにより、
線路への出力の線とSOUND BOXの出力線を切り離すことができました。

とりあえず、この対応で、コントロール不能となる自体は回避できました。

しかし、新たな問題も発生しています。

ひとつは、謎のショート。
 
こちらは、ある時から、一番外側の線路でショートが発生。
原因は、単純で、自作したフィーダー線の絶縁が不完全で、
途中でショートしていました。

さらに、問題発生。

自作のコントローラーだと、SOUND BOXに接続すると、車両が完全に停止できないという問題。
KATOのKC-1だと、SOUND BOXに接続しても、車両を完全に停止できるのですが、
自作のコントローラーをSOUND BOXに接続すると、
VRを最小にしても、わずかな電流が流れており、
その後、SOUND BOXを経由することにより、電流が増幅されてしまう様で、
その結果、車両が完全に停止できないことがわかりました。

なお、SOUND BOXを経由しない場合は、これまで通り、完全に停止できます。

これはちょっと想定外の事態で、対応方法がわかりません。

とりあえず、自作のコントローラーをすべて試した訳ではないので、
確かなことはわかりませんが、
当面は、自作のコントローラーをSOUND BOXに接続するのはやめることにしました。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村




、  

2024年6月 5日 (水)

ACアダプタ分配器の製作

レイアウトを複々線化したことによる影響の話

4列車同時運転のために、コントローラーが4台必要になります。

コントローラー自体は、自作分を含めて、10台くらいあるので、
心配ないのですが、問題は電源の確保です。

ACアダプタもかなり持っていますが、4台接続すると、
必然的にコンセントが4個必要になります。

それよりは、電源容量のあるACアダプタを使用して、
各コントローラーに振り分ければいいと思い、分配器を作りました。

なお、分配器の製作はこれで、3台目になります。
1台は、DC12V用、
もう1台は、DC5V用、
今回作るのは、DC15V用です。

ケースは目ぼしいものはなかったので、
TOMIXの車両ケースを再利用しました。

20240529-1018

5台のコントローラーに分配できる様にしました。

20240529-10181

また、今回は、ジャンクで入手した、デジタル電圧計も取り付けてみました。
20240529-1032

テスターで確認してみると、ほぼ同じ電圧を示していました。


20240529-1034


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村




2024年6月 3日 (月)

複々線化完了

レイアウトの話。

少し前から、レイアウトを変更していました。
まずは、待避線を延長して本線に接続して、部分的に3列車運転が可能な状態にしました。

その後、よくよく考えたら、4列車同時運転が可能ではないかと思い始めました。

片渡を駆使して、4線間で行き来が出来る様にしました。

20240529-1354

20240602-1556

カーブは、R550、R610、R670、R730を利用しています。

スペース的には、まだ余裕があるので、さらに、内側にR490を敷設しようかと検討しています。

でも、さすがにR490だと走行できる車両も限られそうです。


その後、久々に、レールクリーニングを行いました。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年6月 1日 (土)

鉄道模型 走行動画

YouTubeのはなし

数日前に、鉄道模型の走行動画をアップしたのですが、
確認してみると、再生数が通常よりも多いことがわかりました。

多いと言っても、数十件〜100件程度の話です。

しかし、動画は撮影したものを適当に並べて、説明もあまりつけていませんが、
なぜかいつもより多くみられている様です。

本日まで、ブログでも紹介していないので、単純にYouTubeで見つけた方が再生していると思われます。

以前は、実車の動画を多く掲載してた関係で、それなりの再生数はありましたが、
現在は、鉄道模型の動画のみなので、あまり再生されない様です。

そんな状態が長く続いていますが、今回の再生数の伸びは原因がわかりません。

ちなみに、アップロードした動画は、線路配置を変更する予定があり、
その前に、記録として撮影したものを動画にしたものです。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月15日 (水)

SOUND BOX の切り替え その3

KATOのSOUND BOXの話

SOUND BOXの切り替え機が完成しました。


20240514-0042

今回、CASIOのNAME LANDでシールを作りました。
そのままでも良かったのですが、何も表示がないとどこに何を繋ぐかを忘れてしまうので。

一応、右下に、機器名称も入れてみました。

コネクタ部分にもシールを貼りました。


20240514-0006

MAX4台のコントローラーを切り替えることができます。

SWをOFFにすると、直接レールに給電します。

SOUND BOX に接続する際には、SWをONに切り替えます。

例えば、1番のコントローラーをSOUND BOX に接続する場合は、
1番のSWをONにして、ロータリーSWを1番に切りかえると、SOUND BOXに接続します。
SOUND BOXの出力は、出力用のロータリーSWを1番に切り替えて線路に給電します。

通常は、入力用、出力用のロータリーSWは、同じコントローラーを指定します。

隠し機能としては、入力用、出力用にロータリーSWを2個使用しているため、入力と出力を別々に設定できます。
例えば、入力用のロータリーSWを1番のコントローラーを指定し、
SOUND BOX経由の出力用ロータリーSWで2番の線路を指定すると、
1番のコントローラーを使って、2番の線路に給電できます。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月14日 (火)

ナローの試運転ボード

レイアウトベースの話

少し前ですが、下段に設置している、
Nゲージ用のレイアウトベースを拡張しました。

下段と言っているのは、便宜上、下段と言っています。
我が家のレイアウトは、イレクターパイプでベースを組んでおり、
2段式になっています。

上段は床から170cmの位置にあり、16番のレイアウトベースとしています。
所謂、鴨居鉄道です。
なお、一応洋室ですので、鴨居はなく、クローゼットのドア上がベースとなっています。
下段のNゲージ用のレイアウトベースは、床から150cmの位置にあり、
立ち上がった場合、ちょうど目線の高さを車両が走る形になっています。

今回、PCデスク上のスペースをこれまでの30✖️45から
75✖️90に拡張しました。

これにより、これまで通常は立てかけて収納していたナローの試運転ボードを
常時置いておくことが出来る様になりました。

将来的には、Nゲージの車庫の一部にする予定ではいますが、
いまだに、Nゲージのレイアウトは解体したままで、運転すらできない状態です。
いろいろ構想はあるのですが、それを実現しようとする気力がなく、
いまだに放置しています。


用地確保時 
ボードは、100均のコルクボード
線路は、TOMIXの不要レールの再利用

既に、拡張したレイアウトベースの奥側は線路置き場に早変わり。
20240430-0011_20240513100501

ナローの車両整備に使用中
20240430-1134

何となく、制作中のストラクチャも置いてみた
20240513-1006

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月11日 (土)

SOUND BOX の切り替え その2

KATOのSOUND BOXの話

ロータリーSWの軸が長すぎるので、カットしました。

20240509-1814

ハイパーカットソーで切ろうとしたのですが、
なかなか切れず、よく見てみたら、中央部分には、金属が使われていました。

20240509-1815

カットして、横から見た図がこちら。
20240509-1817

20240509-1818

ちなみに、下に敷いているのは、Xで見かけた、ファイバークロスです。
ヤスリがけやカット時の細かい切屑を吸い取ってくれるとのことで、
早速試してみました。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月 7日 (火)

SOUND BOX の切り替え その1

KATOのSOUND BOXの話

KATOのSOUND BOXは、
パワーパックと線路の間にいれて、音を楽しむ機会です。

しかし、面倒なことが。
パワーパックを複数台使用していると、1箇所でしかSOUND BOXが使用できないこと。
他の路線でSOUND BOX を利用するためには、
その度に、接続を変更する必要があります。

そこで、この面倒臭さを解決できないかと考えていました。

何となく、ロータリーSWを使えば、出来そうだと思い、考えてみました。

しかし、やはり、考慮不足に気づきました。
SOUND BOXを接続したい時には、有効な手段ですが、
では、SOUND BOXを使用しない時には、どうなるか?と考える必要があります。
結局、ロータリーSWのみでは対応できないことがわかりました。

パワーパックの出力を
1.そのままレールに流す
2.SOUND BOXを経由してレールに流す
を選択できる様にする必要があることがわかりました。

そこで、この様な回路を考えました。

20240506-1801

あくまでも私がわかればいい接続図なので、わかりにくいですが、
一番左端が、SOUND BOXを経由する接続です。
この時、ロータリーSWは、2番目を使用している図です。
それ以外の3つは、SOUND BOX には接続せずに、直接レールへ給電する接続です。
ロータリーSWの手前に、SWを設けて、どちらに接続するかを選択できる様にします。

なんとなくイメージが出来たので、組み立てることにしました。


まずは、ケースの加工から。
今回ケースに使用するのは、100均で購入したプラケースです。

ケースの加工が完了しました。
20240506-1750


部品を仮置きしてみました。

20240506-1800

左から2番目のパワーパックが、SOUND BOXと接続している状態の図です。
選択SWが2番目のみONになっています。

20240506-1802


ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年5月 5日 (日)

ナローラインの復活

ナローの話

16番のレイアウトの内側にナロー用のラインを設置しました。
以前から設置はしていたのですが、16番のレイアウト変更に伴い、撤去していました。

今回、ナローの運材車が10両整備できたので、運転用にナローのラインを
再設置しました。

しばらく放置していたので、線路を磨いてからの設置となり、
意外と時間がかかりました。

20240504-1343

20240504-1344

一部、配線を避けるために、嵩上げしましたが、運転には支障ない様です。

20240504-1345

これで、ようやく、以前からやりたかったことの一つが実現しました。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村





2024年4月21日 (日)

ミニマンション モデルキット

ペーパークラフトの話

今を去ること、40年以上前の話。
アイビー系のファッション誌についていた、ペーパークラフト。
昔のことすぎて、雑誌名までは覚えていません。
当時は、作るつもりもなかったが、とりあえず、該当のページだけは切り抜いて保管していた。

長い間、行方不明になっていたが、探し物をしている時に、40年ぶりに発見。

40年経って、組立てみようという気になりました。

紙は既にくたびれていて、まともに組み立てることはできそうにありません。
そこで、一旦、スキャナーでイメージデータとして、
パソコンに取り込んで、
その後、しかるべき用紙に印刷して組み立てることにしました。

また、そのままでは、不安定なので、プラ棒で、
補強もしました。

ちょっと組立順を間違えましたが、
なんとか完成できました。

20240421-1504

20240421-1503

サイズ的には、1/80ではない様で、1/64くらいではないかと思われます。

ブログ村に参加しています。
下のバナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村





より以前の記事一覧